私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

西表へ インドヒモカズラ

ヒユ科 インドヒモカズラ属

石灰岩の岩を這う蔓性の常緑亜低木。宮古島、大神島、来間島、石垣島、西表島、波照間島に自生する植物で沖縄本島では見る事が出来ない植物で西表島でも自生は少ない様です。岩から垂れ下がり、葉も綺麗ないい状態でした。
インドヒモカズラ2012.10-1


良く見たら白い実がなっていた。
インドヒモカズラ2012.10-2
果実は液果で、球形、直径4mm、色は白色。
インドヒモカズラ2012.10-3
同じく4mm位の白い花が咲く様ですが、私の観察不足か探せなかった。。。
インドヒモカズラ2012.10-4


カショウクズマメ
マメ科 クズモダマ属

目の上にぶら下がった黒い変なタワシみたいな果実がありました。聞いてみたらカショウクズマメとの事。良く見たら目の前の枝の中から白いひも状なのが出て来ています。花をぶら下げていたのですね~。面白くて撮って来ました。花の時は葉も茂っているので蔓性の低木とはいえこんな太い枝とは思わなかった。。
カショウクズマメ2012.10-1

下に落ちていたのもあったので手でぶら下げてみる。。カラカラと軽い。
カショウクズマメ2012.10-2

落ちた実だから割ってみました。モダマの豆ですね~!
カショウクズマメ2012.10-3
カショウクズマメの花は今年の2月に見ました。こちらです。 ⇒


スポンサーサイト

コメント

インドヒモカズラ

 こんな透き通るような(おいしそうな?)実がつくなんて、ヒユ科なのにあっぱれですね。葉も食べられそうですが、希少種ですからね。
 カショウクズマメの豆莢のいかついこと。でも豆は立派なモダマ。モダマ類の豆は良縁を呼ぶ豆として、一部で人気だとか。
 南西諸島の植物を見ていると、東南アジアの庶民向け市場を訪れたような楽しさを感じます。

モダマ

こまつなさん、光田先生、おはようございます。
沖縄の植物はほんとにおもしろいですね。 
こまつなさんのところへ来ると楽しくて ^m^

今、植物園で漂着したマメの種が成長中です。
こまつなさんのカショウクズマメをみて、
育てている中の一つが3出葉のなのでナンダロウ?
と気になり調べてみました。
花が咲いて、実がなるのが楽しみです。
でもいつになるのかなぁ・・・

>光田先生。

今まで出会ったヒユ科と言えばイノコズチの仲間とかノゲイトウとかあとは海岸のイソフサギとかで、この植物との一貫性も分からいままでとにかく載せています。花は咲いていたかも知れないのにまた残念な失敗をしました。
カショウコクズマメは前回が花だったのでまぁ良かったのかな、と自分で言い聞かせて^^。
>良縁を呼ぶ豆。。 ですか!  落ちていたので貰ってきました。大事にしまぁ~す^^//

>pandaさん、

おはよ~! pandaさんの通ってる植物園に漂流の豆が育ってるんですか。それは楽しみですね~。
カショウクズマメと似てるのにワニグチモダマがあって、沖縄本島の海岸に流れついたと思われる場所があって群生して広がっています。
漂流して別な島で。。なんてちょっとロマンチックですね。
長崎だからきっと西表や沖縄本島のもあっても不思議がないかな。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索