私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

チャボヘゴ

ヘゴ科 ヘゴ属

どうもヘゴの仲間は苦手でどれも々に見えるけど、ゆっくり違いをみながら覚えて行きたい。
チャボヘゴは多分幹が発達しないのが一番の特徴。クロヘゴは良くみるけどほとんど黒い幹は1m位立ってるか、寝てるか。。
チャボヘゴ2012.10-1

この角度は背の低い私にはなかなか見えにくく、手を上にあげて片手で写しています。
それでも他のヘゴよりましです。葉身は長楕円状披針形。
チャボヘゴ2012.10-2

2回羽状複生。中軸は赤褐色で無毛。葉身も羽片もカメラに収めきれていないです。。
チャボヘゴ2012.10-4

幹の見えない葉柄基部。褐色の麟片が付いてます。
チャボヘゴ2012.10-3

羽片は大きい物で長さ50cmで有柄。小羽片の切れ込みは3/4位まで、先に行くに従って次第に浅くなって行く。
チャボヘゴ2012.10-5

胞子嚢群は中肋と辺縁の中間にならび胞膜はない。
チャボヘゴ2012.10-6



スポンサーサイト

コメント

チャボヘゴ

 私が最初にヘゴの仲間を見たのは、三重県尾鷲市でのクサマルハチ。世界最小のヘゴですが、それでも大きくて、堂々とした硬めの姿に感激したものです。
 でも沖縄へ行ってクロヘゴやヘゴ、ヒカゲヘゴを見たとき、あまりの多さに、「もういいわ」。ただチャボヘゴだけは、なぜか親近感が残りました。
 ヒカゲヘゴの新芽は美味しいそうですね。私はまだヘゴ類の新芽を食べたことはないのですが、こまつなさんは試してみましたか?

>光田先生

先生こんばんは! 沖縄本島にもクサマルハチはありますよね。
大きさも同じ位だししっかり見わけないと、混乱しそうです。
>あまりの多さに、「もういいわ」。
そうなんですよ~ ほんとに視界には必ず入っているし、私も別な意味で、もういいわ!とほったらかしていました。
でも、一つづつ手掛かりを探しながらやらないと。。。

ヒカゲヘゴはあの薄い色の新芽があるので分かります。
味は。。。 はい、美味しいですよ。タマぁ~に食べます^^;
さっぱりとして良い食感です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索