FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シロヤマゼンマイ

ゼンマイ科 ゼンマイ属

いつもと違う所に行ってみたら、前回のゴザダケシダと、このシロヤマゼンマイが見つかりました。
大きくて返って見落としてしまうけど、今回は胞子葉もたくさんあって目立っていました。
シロヤマゼンマイ2012.10-1

初めは近くでこの足元のだけ見えて上の葉に気がつかず。
シロヤマゼンマイ2012.10-2
目の高に胞子嚢群がみえました。
シロヤマゼンマイ2012.10-3
実は胞子嚢はキジノオシダ科の様に2形で単独で上の方に伸びると勘違いをしていました。胞子葉にも数対の羽片があるのですね。
シロヤマゼンマイ2012.10-4
胞子葉の下の方に胞子嚢群がが付き、上の部分には羽片が付く。胞子嚢をつける羽片を持った葉は年に数回伸び、その羽片は縮んで幅せまく長さも普通の羽片の半分に近い。胞子が散ったあと胞子嚢をつける羽片は濃褐色となりやがて脱落する。(日本の野生植物 シダより)
シロヤマゼンマイ2012.10-5
側羽片は羽軸と40~50度で交わり線形、短い柄がある。
シロヤマゼンマイ2012.10-6
辺縁には大きな鋸歯がある。
シロヤマゼンマイ2012.10-7
スポンサーサイト



コメント

シロヤマゼンマイ

 初めてシロヤマゼンマイを見たときには、そのきままな荒々しさに驚いたものです。羽片はたしかにバンクシアの葉に似ているし、「なるほどね」と感心しきりだったのを覚えています。
 ゼンマイの仲間は、葉柄基部に托葉状の翼があります。水草に凝っている友人が、「沖縄の沢で採ったんだけど、見てくれない?」と、シダの子供ばかりをどっさり持ってきたことがありました。難儀するものも結構ありましたが、シロヤマゼンマイはこの特徴ではっきり分かりました。リュウビンタイにも同様の構造がありますが、肥大して養分をたくわえ「葉枕」と呼ばれています。その部分を切り取って転がしておくと芽が出てくると聞いたことがありますが、自分で試したことはありません。何年シダをやっていても、知りたいことは多いものですね。
 こまつなさんのページをいくつか見ていたら、下関のYSUKOさんの記事が目にとまりました。彼女は京都出身で、ついにお会いすることはなかったのですが、メールや電話で何回もやり取りしました。「角島のイソギクをぜひ見においでください。ご案内します」と誘われていたのですが、果たせませんでした。こまつなさんと私にも、共通の友人がいたのですね。

>光田先生

光田先生、おはようございます。

>葉柄基部に托葉状の翼があります
ああ。。、そうでしたか。見ていませんでした。
リュウビンタイではよく見るので、また出かけて確認してみたいです。

所で、先生もYASUKOさんを御存じだったのですか。彼女は何度か沖縄へいらっしゃいました。とても利発で、一緒に歩いててとても楽しく、心つかいの細やかな方でした。一緒に撮った写真は自分の写真でも宝物になっています。2005年に一緒に撮ったリュウキュウヒモランもその一つで、今でもその時の状況を思い出します。
私も角島の野菊はお誘いをして貰いましたが、まだ出かけてはいません。 いつか行きたいと思っています。

今日は、これから叉やんばるへ出かけてきますね~ 行ってきまぁ~す。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索