私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヨゴレイタチシダ。。かな

まだ攻略していない沖縄本島のオシダ科の中から候補を挙げてみて、それから当てはまる物を探すと、ヨゴレイタチシダかなと思うのですが。
2012.09-1

追記:ヨゴレイタチシダ(オシダ科 オシダ属)で大丈夫でした!^^//
 
 似たのにニセヨゴレイタチシダがあるけれど、沖縄方面の記録はない。(特徴はヨゴレイタチシダよりも鱗片は明るい褐色、包膜は微小)

葉柄と中軸、羽軸は黒褐色の麟片が着いているので黒く見えました。
2012.09-2
最下羽片の柄は4~5cm。第1小羽片が一番大きく短い柄がついていたので、3回羽状となっている。
resize14956.jpg
葉柄基部。
2012.09-3
胞子嚢群は小羽軸と辺縁の中間あたりに着く。
2012.09-4

2012.09-5
九州本土南端~琉球でやや普通に見られると図鑑にかいてあるので、良く見て来ているのだと思いますが、しばらくフォルダに入れてありましたが、前に進まないとと思いアップしてみました。。

これは初め違うかなと思ったけどまだ若い株の様な気がします。
2012.09-6
胞子嚢群はとても綺麗です。
2012.09-7

2012.09-8
スポンサーサイト

コメント

ヨゴレイタチシダ

 問題のないヨゴレイタチシダです。
 台湾から屋久島までは普通に見られますが、九州以北には極めて少なく、見つかれば拍手ものです。
 似た種類にニセヨゴレイタチシダがあり、鱗片は明るい褐色、包膜は微小で、九州と四国のごく一部に知られていますが、きわめて稀です。私は長崎県の五島(福江島)と愛媛県の旧三瓶町で、各一度づつ見ただけです。沖縄方面からの記録はありません。外見ではヨゴレイタチシダにそっくりで、沖縄本島あたりにありそうな気もするのですが、たくさんあるヨゴレイタチシダの葉をいちいち裏返すのも手間ですね…。

>光田先生

先生、こんばんは。太鼓判を押して頂いてほんとに嬉しいです。
イタチシダと名前が付く物をやっとひとつ分かる事が出来ました。
これを基準に他のものを探してみたいと思います。
ヨゴレイタチシダと名前がついているけど、綺麗なシダですよね~。

ニセヨゴレイタチシダは沖縄にはないのですね。でもなるべくたくさんの葉を裏返してみたいです。麟片は明るい褐色、胞膜は微小ですね。( ..)φメモメモしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索