私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ホコザキウラボシ

ウラボシ科 ヌカボシクリハラン属

山地の湿った岩などに着くシダ。想像していたのよりは小さかったけれど、以前もどこかで見た様な気がするシダでした。
ホコザキウラボシ2012.09-1

大きな岩に着いているのはまだ若い感じで、小さくて可愛らしい。単葉も見られます。後ろ側にあるのは多分濁流で葉の先がちぎられたコウサギシダ。この高さ(1.5m)以上に水位があったのでしょうね。
(追記:これはまだ幼株なので経過を観察を続けます)
ホコザキウラボシ2012.09-2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは側羽片が2対と3対と数えていいのかな。
(追記:「以下3枚は葉脈が黒く浮き出ていますから、オオイワヒトデの子供の可能性が高いです」(光田様より)
ホコザキウラボシ2012.09-3
これは単葉。網目の葉脈が分かります。
ホコザキウラボシ2012.09-4
カタツムリの頭の様な別れ方をしたのもあった。→シシオオイワヒトデ
ホコザキウラボシ2012.09-5
これも獅子葉という事かな。ソーラスの着いたのが探せませんでした。次回には。。
ホコザキウラボシ2012.09-6
スポンサーサイト

コメント

ホコザキウラボシ

 かわいい子供シダの写真ですね。
 胞子のつかないような小さなシダを、写真で葉表だけ見て判定するのは難しい場合がありますが、この写真もその一例です。下の三枚は、葉脈が黒く浮き出ていますから、オオイワヒトデの子供の可能性が高いです。もっとも、シシオオイワヒトデは珍品ですが。
 一番上のものは、ホコザキウラボシかな? 次の二枚は、判断が難しいです。ホコザキウラボシでは、二対以上の羽片(状の分裂)があることは珍しいのですが。
 機会がありましたら、根茎や鱗片を見比べてみてください。

>光田先生

先生こんばんは。何時も詳しく教えて頂いて有難うございます。
>ホコザキウラボシでは、二対以上の羽片(状の分裂)があることは珍しいのですが。
わかりました。胞子嚢だけでも判断は難しいのに、幼株でというのもちょっと早まりました。。多分現地でもう少し範囲を広げて観察したら成株もあると思うので、もっと良く観察して来ます。
もう、扇風機もいらない位になり、段々山歩きも楽になって来ましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索