私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タカワラビ

タカワラビ科 タカワラビ属

山の尾根から沢に下がる傾斜のある斜面で群生をなして生えていました。高さは余裕で人の身長を超す大きさですが、1m位のもたくさんあります。葉裏を返してみるとやや白っぽい くすんだ様な感じだし、分かりやすいシダです。この写真のはやや大きくて側羽片の長さが1m位、葉柄は1.5m位ありました。時々行く山の斜面にタカワラビの谷間みたいな群生地があるけれど、大きすぎて下に潜ると面白そうですが、ちょっと怖い。。
タカワラビ2012.08-1

葉身は3回羽状に深裂。基部に柄があり、中間あたりが一番大きい。
タカワラビ2012.08-2
葉柄は緑色、黄色い毛が密に付く。
タカワラビ2012.08-3
葉裏は灰白色。
タカワラビ2012.08-4
胞子嚢群は脈端につき、2枚の胞膜に挟まれる。羽軸、中肋は有毛。
タカワラビ2012.08-5
裂片は長楕円形で鋭頭。
タカワラビ2012.08-6

これは2007年に西表に行った時に朝、船で川を上る時に凄く感動した風景ですが、これってタカワラビだったと思います。
タカワラビ2007.02


タカワラビ科はこの1属のみで、日本国内ではこの1種類だけの様ですね。他にアッサムタカワラビとクミンタカワラビがあるようです
スポンサーサイト

コメント

ジャングルだ・・・

最後の写真は水面に写って、見事ですね。
タカワラビって木みたいに大きくなるのかしら、画像検索してヘゴみたいなのがありました。沖縄に旅行に行ったとき、シダの森へ行きました。まるでジェラシックパークみたいで、感動しました。やっぱり沖縄のシダはスケールが違うなぁ・・・
このタカワラビのソーラスは一目でわかりますね。

>pandaさん、

ヒカゲヘゴ程ではないけれど、他のヘゴとは同じかより大きかったりしていましたよ。
西表のは特別大きかったです。感動ものでした。
確かにジュラシックパークみたいだ!、

ソーラスはお豆がくっついてるみたいで可愛らしかったですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索