FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

木々の花達 ウラジロエノキ

木の花は草本に比べると小さい花が多くて、地味なのが多いのですが、時には良い香りを漂わせて山歩きの時には元気をもたらせてくれるのもあります。よく見ると葉にもそれぞれ個性があるようで、少なくとも身の回りの木々達も名前を覚える事が出来たらと思っています。何時までかかるのか、シダと一緒で覚えた先から名前を忘れて行きそうですが。。頭の訓練だと思って(´。`;)とほほ・・・


ニレ科 ウラジロエノキ属

山地でみられる常緑の中高木。幹は直立して高さ5~10mになる。
ウラジロエノキ2012.04-1

花は葉腋に多数つき直径3mm程度
ウラジロエノキ2012.04-2
葉は互生で単葉。
ウラジロエノキ2012.04-3
葉は卵状長楕円形で縁には細かい鋸歯がある。
ウラジロエノキ2012.04-4
葉裏は絹毛があり銀灰色をしています。この木の名前の由来となっている。
ウラジロエノキ2012.04-5

ウラジロエノキ2012.04-6
分布は九州(種子島・屋久島)以南。
スポンサーサイト



コメント

こまつなさん、おはようございます。
ウラジロエノキは南の方の特産なのですね。
長崎には同じニレ科のエノキがありますが、
こんなに葉は厚くないし雰囲気がちょっと違います。
果実は皮と種しかないのだけど、香ばしくて美味しいの。
私も、シダと樹木は健忘録で頑張ってます  (^_^;)ゞ

>pandaさん、

エノキとは葉の様子に違いがあるのでしょうかね~
葉裏が違うような気がしますが、こちらも有ればいいけれど。。
果実が食べられるとは知りませんでした。
また実の時期に行ってみようと思います。

>健忘録で頑張ってます  (^_^;)ゞ
ほんとに~私も頑張らなければ。。 
繰り返しを何度もやらなければ頭にはいりません。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索