私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

キノボリシダ

イワデンダ科 ヘラシダ属
山の中では良く見かけるシダです。
キノボリシダと名前が付いていますが、岩や地面から生えていて樹木に着生しているのはまだ見た事がないです。
キノボリシダ2012.03-1
葉柄は葉身より長く25~40cm。葉身は1~4対の側羽片とほぼ同系の頂羽片からなる短羽状。
葉面は革質、先端付近に微鋸歯がある他は全縁。
キノボリシダ2012.03-2
羽片の基部はくさび型で、5mm位の短い柄がある。
胞子嚢は線形で中肋から羽片の辺縁まで多数平行して付く。長さは長短があり一定でない。
キノボリシダ2012.03-3
良く似たイブダケキノボリシダは胞子嚢が中肋と辺縁の中間に着く。
キノボリシダ2012.03-4

分布は屋久島、種子島から琉球列島。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索