FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

伊是名島へ(1)11.12.3~4

学生時代の友人に誘われて伊是名島ツアーに参加して来ました。
個人的に行けなくもない離島なんですが、いつものおしゃべり仲間と行くのも、気晴らしに良いかなと、
2日間遊んで来ました。

伊是名島は沖縄本島北部の今帰仁村の運天港からフェリーで約40分位で着く島で、
伊是名島(面積14.16K㎡、周囲16.7Km)の他、屋那覇島、具志川島、降神島から出来ています。

写真はフェーリが着く仲田港。遠くに伊平屋島が見えています。
伊是名11.12.4-1
海ギタラ と陸ギタラが見えます。(ギタラとは尖った岩の事)空と海が美しかった。
左側は沖縄本島。右手前は屋那覇島。
伊是名島11.12.4-2

伊是名玉御殿。後に琉球の王となった伊是名出身の第二尚氏のお墓。
この上に見晴らしの良い伊是名城跡がある。
伊是名島11.12.4-3

島の中の伊是名や勢理客という集落では昔ながらの美しい風景が見られました。
伊是名村仲田の神アサギ 神事が行われる所。
伊是名島11.12.3-1
垣根は住民が集めたサンゴでつくられていて、風情があった。
伊是名島11.12.3-2
集落にはフクギが植えられている所が多い。
伊是名島11.12.3-3

サンゴの垣根にかかる花達を写して見ました。
ムラサキオオツユクサ 葉も花も紫色の美しい花。
ムラサキオオツユクサ11.12.3
ダンドク
ダンドク11.12.3
ブーゲンビレア
ブーゲンビレア11.12.3

などなど。。 

港の風景なんですが、修学旅行の生徒さんが日程を終えて帰る所。
彼らは一般の民家に滞在して、それぞれの家族と一緒に暮らすホームステイというか田舎に泊まろうみたいな体験をしたという事でそれぞれお世話になった人々とお別れをしていました。
伊是名11.12.4-1
テープでお別れなんて懐かしいというか、対岸の島の人たちも精いっぱいのお見送り。。
どっちも泣いている人が多かったです。うるるんでしたね~。
伊是名11.12.4-2
スポンサーサイト



コメント

なにか、とてもDEEPな修学旅行だったようですね。
これは羨ましいかも知れません。

今帰仁からフェリーで約40分ですかぁ。
島もDEEPでとても良さそうです。

>NYANさん

何度かいらっしゃっているので、NYANさんは今帰仁も御存じかも、知れませんね~。
小さな島ですが、いろいろ観る所はありましたよ。

実はすみれ会で勝手に「イゼナスミレ」と名付づけた魅力的なリュウキュウシロスミレがありまして、ものすごくいい香りなんですが
今回はこの自生地とか見られないかな、と密かに期待していたのですが、そう甘くはありませんでした。
また機会をみてゆっくり行ってみたいです。

精力的にあちこち行かれてますね。
この時期でも花がいっぱいあっていいなあ。

第二尚氏のお墓!?テンペストの世界!?
ん~~歴史ロマン感じるぅ~~^^;

>ほのんさん、

そうそう、あのテンペストの王様のず~と前の代の王様がこの島の出身だったらしいです。
聞く所によると勤勉ながらもかなりの好男子だったらしく、女性が放っておかなかったらしいですよ。
やっぱり歴史がつくられる陰に女性ありです。
ロマンいっぱいの島でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索