FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オキナワマツバボタン 11.11.12

久しぶりの海岸植物です。

目的のオキナワマツバボタンは何か所かで見られました。
スベリヒユ科で奄美~沖縄に自生する固有種です。園芸のマツバボタンに比べるとかなり小さい。
オキナワマツバボタン11.11.12-2
天気は良かったのですが、現場に着いたの午前中の10:46ではまだ蕾です。
開花の時間が短かく11時頃を過ぎないと開花しません。
オキナワマツバボタン11.12-1

その他の植物を撮りながら時間をおいてから行ってみた。
11時25分。そろそろ開きだしました。
オキナワマツバボタン11.11.12-3

11時34分。
オキナワマツバボタン11.11.12-4

11時47分ほぼ全開。
オキナワマツバボタン11.11.12-5

11時50分 ここで花のアップを。
オキナワマツバボタン11.11.12-7
拡大してみました。
オキナワマツバボタン11.11.12-8

午後1時4分一番多く咲いてました。
オキナワマツバボタン11.11.12-6

他には。
ミツバノコマツナギ(マメ科) 別名ナハエボシグサ
葉の色が好きです。
ミツバノコマツナギ11.11.12

ウコンイソマツ(イソマツ科)
ウコンイソマツ11.11.12

コゴメマンネングサ(ベンケイソウ科)
こんな風に岩にくっついてます。
ゴゴメマンネングサ11.11.12-1
花は中々見られなくて、今回は初めて見ました。
しかし何しろ小さい。1円玉と比較して小ささが分かります。
コゴメマンネングサ11.11.12-2
コンデジを近づけて撮る。真中がボケてますね。
もうひとつ咲いてましたが、遠くからでも全体が黄色く見える様な時期に又来たいです。
コゴメマンネングサ11.11.12-3

シロミルスベリヒユ(ツルナ科)
シロミルスベリヒユ11.11.12

ハリツルマサキ(ニシキギ科)の赤い実。
蔓性の小低木なので草の中をこんな風に這うこともあります。
ハリツルマサキ11.11.12-1
小さな花も咲いてます。
ハリツルマサキ11.11.12-2

葉だけでも綺麗なハマサルトリイバラ(ユリ科)
花は春になってから。
ハマサルトリイイバラ11.11.12

イソノギク(キク科)
イソノギク11.11.12
スポンサーサイト



コメント

面白いなぁ

こまつなさん、こんばんは
そちらの植物はほんとに面白いなぁって思います。
海の植物は私も好きです。
オキナワマツバボタンは黄色の花なのですね
葉はマツバというより、コメツブみたいですね、可愛い^m^

コゴメマンネングサはタイトゴメに似ているし
ウコンイソマツはハマサジに似ています。
でも、どれも小さいんでしょう?
可愛いだろうなぁって見ています。

今ハマベノギクについて調べていたので
イソノギクもでてきました。
この花がそうなのですね、ヤマジノギクと比べてどうですか?
這っているだけじゃなくて、小さかったりするのでしょうか?

>pandaさん、

こんばんは~。 ここの海岸というか岩場は、時々出かける所です。
毎回みる同じ花ですが、それでも海沿いの植物は楽しいですよね。
オキナワマツバボタンの葉は肉厚でお菓子のゼリービーンズを丸めて小さくしたみたいな感じです。
前に見た時より増えていた様に思えて嬉しかったです。

コゴメマンネングサは、この写真の葉が成長すると、もっとこんもりと上に重なった様に伸びて行きます。
ハママンネングサのように黄色い星状の花をつけます。
タイトゴメを検索して見ましたが、似ていますね~

イソノギクはこの周辺だけに自生します。高さは20cm位でしょうか。秋とは限らず暑い時でも結構さいてますよ。

オキナワマツバボタン  岩を縫ってますね! 穴から首を出したり 下を這いまわったり どこをどうつながってるのか!
スベリヒユと同じように 咲いてる時間が短いんですね。

>volさん、

確かに岩を這うというより縫ってるという感じですよね。
あの小さい穴から頭を出して咲かしているのは、どうなってるかなぁ~と思いながら撮りました。
厳しい条件の中で、わずかの隙間も見逃さないって感じですね。

そういえば、スベルヒユは食べられるんですよね。
オキナワマツバボタンはどうなんだろ~
しょっぱいかなぁ~。 でも食べる気はしませんけど。。
私は干し柿がいいなぁ。。(謎)^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索