私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

トキワヤブハギ11.10.9

ヌスビトハギ属の一つ、トキワヤブハギ再確認のために又見に行って来ました。
2週間前に比べて花の数は減って来てはいたものの、莢果が増えてて観察するには丁度良かったです。
トキワヤブハギ11.10.9-1
これは9月25日の花付きの良い状態の株。(上と同株ではないが)
トキワヤブハギ11.9.25

ひっつき虫の莢果は沢山出来ていました。
トキワヤブハギ11.10.9-2

底辺の長い逆さの三角形をしている。
トキワヤブハギ11.10.9-3

赤くなっているのもみられました。
トキワヤブハギ11.10.9-4

葉は触るとサラサラした感じで、葉裏は葉脈が少ない。ヌスビトハギ・リュウキュウヌスビトハギの様な網目模様が見られなかったので区別が付きます。
トキワヤブハギ11.10.9-5

茎の様子。
トキワヤブハギ11.10.9-6

花色はこちらが紅色が濃い感じでしたが淡い色のもあって、花でははっきりした区別が分かりませんでした。
トキワヤブハギ11.10.9-7

トキワヤブハギ11.10.9-8

これは2009年9月19日に撮った可愛い模様のトキワヤブハギの花です。
トキワヤブハギ09.9.19

この日は3か所のそれぞれの莢果を撮って来ましたが。
ヌスビトハギと思われる個体の莢果。
ヌスビトハギ11.10.9-1
三角形というより半楕円形という感じ。
ヌスビトハギ11.10.9-2

それからもう一か所にも行ってみた。ここはリュウキュウヌスビトハギではないかと思っていましたが。。
う~~ん。。似ています。
リュウキュウヌスビトハギ11.10.9-1

リュウキュウヌスビトハギ11.10.9-2
結局ヌビトハギとリュウキュウヌスビトハギの区別がはっきりしないままになってしまいました。
もう少し別な場所も探してみたいです。
リュウキュウヌスビトハギ11.10.9-3

今にも咲きそうなマルバハグマの蕾が沢山あった中で、一つだけ咲いてました。
何処にでも気の早いのがいるんですね。
マルバハグマ11.10.9
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

こまつなさん、こんにちは
長崎のヌスビトハギ情報なので参考にならないかもしれないけど、
長崎のヌスビトハギのさく果は図鑑には2-3個とあるんだけど、2個が多いです。
それから、葉は下のほうにまとまらず、茎全体に散生しています。
沖縄で生きていると、地域上少し変化するかなぁとも思うけど
もしかしたら、ヒントにならないかなと思って、勇気を出して書いてみます。

オオバヌスビトハギは、サク果の数が2-4個で、3個以上あります。
リュウキュウヌスビトハギもトキワヤブハギもオオバヌスビトハギの変種なので
ああサク果が似てるって、嬉しくなりました。

間違ってるかもしれないから、その時はごめんなさい。
<(_ _)>

>pandaさん、

こんばんは~  ヌスビトハギに関する情報をありがとうございました。こちらよりもずっと数が多いと思いますので、とても参考になります。
節果の数までは気が付きませんでした。それと葉の付く位置とかですね。
オオバヌスビトハギを検索したらpandaさんのブログがヒットしました。なるほど~と勉強させて頂きました。
コメントを入れて下さって有りがたかったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索