私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

北大東島へ 10.12.11-12

初めて行く所は胸膨らみ期待でいっぱいです。飛行機に乗る時はもうドキドキ感を抑えられませんでした。
北大東島は沖縄本島より東へ360km緯度はほぼ同じ位置にあります。プロペラ機で行くの1時間弱で着きます。
北大東島10.12.11-1

揺れるかなのと心配はありましたが、お天気が良く快適でした。1時間弱といっても45分位でもう車輪が出て来ます。
眼下に島が見えました。これは南大東島です。
南大東島10.12.11-1
南を通過してすぐ北大東島なのでもう車輪が出て来ました。
南大東島10.12.11-2
飛行機は琉球エアーコミューターDHI型39席
北大東島10.12.11-2
島の周りはすべて高さ2m~10mの断崖絶壁で囲まれたこの島は、元は太平洋に出来た火山島で石灰岩で出来ていて今でも1年に5cmは沖縄本島に近づいているという動く島らしいです。
これは沖縄海と呼ばれた海岸で、人工的に岩を掘って作られた太平洋に続くプール。
ゴツゴツとした岩の間に海岸植物がありました。
北大東島10.12.11-3
島の内側の風景はこんな風にのどかでした。今の主な産業はサトウキビやジャガイモ、カボチャの栽培。
北大東島10.12.11-4

この島に11日午後から12日の午後までいましたが、予想以上に固有種他植物が豊富で回っているだけで大忙し、沢山の植物に出会いましたが、後から整理をしながらぼちぼちアップしたいと思います。


ここでちょっと追加します。
植物観察が終わった夕方から「北大東村民俗資料館」に案内して頂きました。ここで島の成り立ちと100年余の開拓の歴史は沖縄の文化とは又違う特異な歴史だと知り、近年それも昭和20年頃になってやっと島民が自分の土地を持つ事が出来るようになった経緯には胸を打たれました。

あと、夕食に頂いた大東寿司もなかなか美味でしたよ。
大東寿司10.12.11


スポンサーサイト

コメント

何が出てくるのか、期待!

北大東島ぁ!すみれはないかも知れないけれど、行ってみたいねぇ。でも、飛行機が、なんだか、彼のボンバルディアっぽい外観です(笑)。対馬に渡る時に乗りました(知らずに)。

>NYANさん

すみれはないかもしれないけど。。
さすがですね。。  私はきっとあるだろうと期待をしていましたが
島のどこかでリュウキュウコスミレの葉を1回みたのに、その後花どころか、株自体もみませんでした。なんでかなぁ~と不思議に思った位です。地元の方は民家の庭に咲いてるよと話してはいましたが、個体数はまだまだ少ないように思います。

所で、この飛行機は、そうなんですよね、私もあの対馬の事を乗る前から思いだしていてだいぶ緊張していました。着陸してしまえばすっかり忘れていましたけど。。^^;

あ、ボンバルディアだったんですね

39席・・・、調べてみたら、ボンバルディアDHC-8-100型、そのまんまでしたね。
NYANの場合、家に帰って、すぐに例の事件が起きましたので、乗った時には何ら問題はありませんでした(笑)。

ところで、さすがですね。。と言われましても、単なるイメージに過ぎませんので、えーかげんなもんです。

>NYANさん

パンフレットをみてDHI型と書きましたが、私も調べてみたら
DHC-8-100型でした。同じですね~。
今回はお天気が良かったおかげて乗り心地は良かったです。
尾翼のシーサーのマークが可愛らしかったですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索