私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

西表へ10.6.5(2)

樹木という程ではないですが、木の仲間です。

ミズビワソウ(イワタバコ科)2~3m位になる低木です。
ミズビワソウ10.6.5-1
花はヤマビワソウに似ていましたが、大きさが全然違いました。実はやっぱり白っぽい透明なのでしょうか。
ミズビワソウ10.6.5-2

フトモモ(フトモモ科)別名をフートウという。
川から山へ行く途中でを船主さんがこの木の下を通ってくれてみんなでこの果実をもいで食べました。あっさりとした味ですが、凄く水分が多くて、暑い山のなかで食べた時はほんとうに美味しかったです。
フトモモ10.6.5

ヒメツルアダン(タコノキ科)
高さは10mにも達するつる性の低木。夜になったら山で動いたりしそうな。。。なわけないか。。
ヒメツルアダン10.6.5

ニコゲルリミノキ(アカネ科)
初めてみるルリミノキの種類です。楕円形で葉の尖った葉が他のルリミノキと全然違う気がします。花がなくても写せて良かったなぁと思った木。
ニコゲルリミノキ10.6.5

ホルトノキ(ホルトノキ科)
帰りの船の中から川にせり出してたくさん花を咲かせていました。船から撮った一枚。
ホルトノキ10.6.5

リュウキュウチシャノキ(ムラサキ科)
低地の林でみられる高木。これも分布の北限となる希少種。
リュウキュウチシャノキ10.6.5

キンショクダモ(クスノキ科)
シロダモの木なんですが、葉裏が金色になってる。
キンショクダモ10.6.5-1
ほんとに金粉を振りかけたみたいな感じでした。
キンショクダモ10.6.5-2




スポンサーサイト

コメント

西表のたくさんの植物たち
私にしては珍しく昼間の訪問なので^^じっくり拝見しましたが
どれも珍しいものばかりでびっくり~

船の中から撮ったというホルトノキは
花びら(?)が風になびいているようにみえますが・・・?(^^

西表旅行ができたような気分です
ありがとう~

>せさみさん

そうです。とてもなびいてました^^;
風が強かったので船を木の下まで入ってもらって
枝の先を手で捕まえて花を撮りました。

山の中は暑かったのですごく気持ちいい風でしたよ。
早速みて頂いてどうもありがとう~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索