FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

やんばる日記10.2.6

雨にも負けずやんばるの山や北部のあちこちを回ってきました。
雨の中で花はなかなか探せないのですが、サクラツツジはそれでもあちこちで綺麗な花を咲かせていました。
サクラツツジ10.2.6
桜もあっちこちで綺麗だったんですが、雨と風で落ちた花が多くて、だからその下の方がいい景色だったりして。
リュウキュウコスミレ1.2.6
ヘツカリンドウもまだ咲いてて、薄い緑花ですが、花弁の縁にうっすらと紫の縁取りがあります。
ヘツカリンドウ10.2.6
海に近い所でキダチハマグルマが岩の足元から広がっていました。アメリカハマグルマよりずっと逞しい感じです。
お天気のいい日に撮り治さなければ。
キダチハマグルマ10.2.6
リュウキュウヒキノカサはまだポツポツで、ちょっとまだ寂しいです。
リュウキュウヒキノカサ10.2.6

さて、この日の花はこんな所で、あとはずっとシダを教えてもらいながら勉強しました。
名前を聞いた先からすぐ忘れてしまうし、見分けも難しいので少しずつ継続するしかないですね。
まずホウライシダから。葉が涼しげで、観葉植物のアジアンタムにてるなぁと思いました。
海岸の断崖や石垣、石灰岩に着生するイノモトソウ科のシダです。
ホウライシダ10.2.6-1
葉裏の胞子嚢は葉の縁についてました。
ホウライシダ10.2.6-2
オニヤブソテツ(オシダ科)
同じく海岸石灰岩地帯に見られるシダですが、その名の通り逞しい感じがします。
オニヤブソテツ10.2.6-1
胞子嚢も
オニヤブソテツ10.2.6-2
ウラジロ(ウラジロ科)渓流の岩の壁面を覆って広がる大型のシダで、これは良く見かける光景です。
その名前の通り葉裏は白い。葉が二つに分かれて垂れる姿が多いですね。仲間にコシダもあります。
ウラジロ10.2.6
後は名前が良く分かりませんが、とりあえず記録でアップしておきます。
1.
不明シダ(1)10.2.6-1
1の葉裏
不明シダ(1)10.2.6-2
2.
不明シダ(2)10.2.6-1
2の葉裏
不明シダ(2)10.2.6-2
3.
不明シダ(3)10.2.6-1
3の葉裏
不明シダ(3)10.2.6-2
サンゴジュスズメウリ?。葉が綺麗な蔓性植物。。
サンゴジュスズメウリ10.2.6
スポンサーサイト



コメント

シダは難しいですよね~

サクラツツジ~綺麗です!
ヘツカリンドウ 懐かしい!

雪まつりも今日で終わりです。とうとう・・・見に行かなかった(笑)
音は聞こえていました~・・・すぐそばまで行っているのに 余裕がなかったです。
今日もやっぱり 大通り方面ではなく、森へ~~

ココさん、さっきテレビで雪まつりが終わりのニュースをやってました。
毎年行事だし、近いと返って行かなかったりしますよね。
>やっぱり森へ~~
うんうん、きっとそうでしょうね~^^
収穫はありましたか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索