FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

八方尾根へ 09.7.18~20(2)

八方池から白馬三山が綺麗に見えました。池にもその姿が映って、
こんな美しい景色は今までに見た事が無かったです.。
向かって右側から白馬岳・杓子岳・鑓ヶ岳と教えてもらいました。
池
でもこれは3日目の朝の景色です。
さて、初日(18日)に戻って、朝8時20分に沖縄を発ち、東京駅から新幹線で一気に長野駅に着いたときは、まだ14:00を過ぎたばっかりでした。
駅からあらかじめ連絡をしておいたタクシーの運転手さんに迎えてもらって一気にゴンドラの入り口八方駅に行きました。6人でタクシーに乗って,サービス料金で1人2000足らずで以外に安かったです。
で、ゴンドラに乗るために外にでるともう雨が降ってました。
意識的に今回新調した黄色いカッパをきて、いま乗り込むところです。木道の横にニッコウキスゲの黄色が目に入ってきます。
八方駅09.7.18
八方駅からうさぎ平、黒菱平とゴンドラ、リフトを乗り継いで着いた所に八方池山荘があり、午後4時20分に到着。ここもパラパラと雨が降ってました。
八方池山荘09.7.18
山荘の前から下を眺める。アマニュウと思われる白いシシウドに似た花の隙間から見えた下の町並みも雨の様です。
八方池山荘09.7.18-2
大降りではなかったので傘をさして夕食までの間第一ケルンの回りを歩きましたが、結構いろんな花が咲いてました。花の写真は後でまとめてアップしたいと思います。
第一ケルン09.7.18
夕食時にはテレビで北の方面の山の遭難のニュースが流れていて、みんな注目していました。
明日はどうなるのかな。。 雨が強ければ無理は出来ないね。とか話し合う。

翌朝もやっぱり雨でした。唐松岳頂上付近は更に状況は良くないとの事で、朝の時点で登山は諦めましたが、とりあえず八方池までは行ってみたいとAさんと2人で合羽を着て出かけました。
時々小降りになる時にカメラを出して花を撮影。雪渓も残るなかでチングルマがたくさん咲いています。
チングルマ09.7.19-1
山荘に残ったみんなも後からついてくるという連絡があり、リーダーのAさんはまた降りて迎えに行き、
私は1人で第2ケルン、八方ケルン、八方池までぼちぼちと登りました。
第2ケルンの手前ではユキワリソウの群生があり、よく見るといろんな花が咲いています。
雨を忘れて花に見入ってました。
第2ケルンです。
第2ケルン09.7.19
ここまでは木道になってる所が多いので登るのも楽です。でも人はさすがに少なかった。
この先の山は見えません。
八方尾根09.7.19-1
ハッポウケルンの近くあたりからムシトリスミレの花が見られるようになって来ました。
そして八方池についてみんなを待っている間に黄色いスミレを見つけました:ぁ*\(*^▽^*)/:・;♪ 
唐松岳も白馬三山もガスで見えていません。
八方池09.7.19

三日目の朝、誰かの声で起こされました。山荘の周りでもちょっと声が聞こえて、ご来光が見えるよという声にみんなすぐ外にでました。雲の向こうが明るくなっています。
薄暗い空がだんだん赤い色に染まってきます。
ご来光09.7.20-2
4時20分位から朝焼けが始まって4時56分に完全に朝日が姿を見せてくれるまで、意外と時間がかかるものですね。
ご来光09.7.20-3
向かいの白馬の山々も朝日をあびてくっきり姿を見せてくれました。晴れです~。
ご来光09.7.20-4

5時に朝食をとった後この後はどうしようか、午前中しか時間が無いので下で温泉に入るという事も一つでしたが、このままだとやっぱり悔いが残りそうで、時間が許す限りと、また八方池まで歩いていきました。登って行く毎に綺麗な景色が目に入って来ます。
八方尾根09.7.20-1
八方池の少し手前から。ずっと先に進むと唐松岳に行きます。
八方尾根09.7.20-2

八方尾根09.7.20-3
唐松岳に上っていく人達です。
八方尾根09.7.20-4
八方池を上から見た所です。思ったより大きかったです。
この周りには高山植物がほんとにたくさんありました。
八方尾根09.7.20-5

八方尾根09.7.20-6
この池に移った白馬の山々を見たときほんとに来て良かったなぁと感動しました。
八方尾根09.7.20-7
早起きして登ったおかげで降りる頃には続々と登ってくる人達と余裕で挨拶を交わしながら、ゆっくりと降り、
11時過ぎには八方駅のバスターミナルで足湯に浸かり疲れをとって帰路に付きました。
スポンサーサイト



コメント

朝焼けの空と雲海、素晴らしいです~

雨で予定が変わってしまったようでちょっと残念だったかな?
でも三日目は良く晴れたみたいだし
こまさんならきっとまたリベンジできますよ!

>せさみさん

その分ゆっくりと花を見る事が出来たので、それはそれで良かったかなぁと思っています。
雲海の上のご来光は厳粛で、なにかしら有難いなぁ~と幸せを感じました。
でも、クモマスミレには会ってみたいです^^

壁紙にして 眺めていたいくらい びっくりするような風景ですね。
何回も行っていますが 池に映る白馬三山には行き当たったことがありません。(スキーの頃に快晴がありましたが 池は雪で埋まってます)
朝早かったお陰でしょうか こういうタイミングはなかなか出会わないです 野草のこと忘れてしまいそうです。

白馬三山の隣の平たい山が天狗ノ頭と言って テント張ったり 小屋泊まりしたりしていました。
朝日が昇る側は 蕎麦で有名な戸隠山方面です

>北岳君 さん

>こういうタイミングはなかなか出会わないです
そうなんですか。
他の登山者の方が今年は山の雪渓がとても綺麗だと話していらっしゃいました。
私達はラッキーだったのですね。
天狗ノ頭、蕎麦で有名な戸隠山方面と名前を教えていただいてありがとうございます。
今花のアップの準備中ですが、多すぎてどこから手をつけていいか、わからないほどです。
花の名前もよろしくお願い致します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索