私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

桜島08.10.13

翌日は南下して霧島屋久国立公園のうちの真ん中の桜島を目指しました。
鹿児島市側ではなくて大隈半島のほうです。
鹿児島市に住むNさんはいつもみている櫻島の裏側と表現していましたが、噴火口が見えます。
これは垂水の道の駅「湯っ足り館」(ゆったりかん)からみた桜島です。
桜島08.10.12-1
山の少し手前に煙が噴火しているのがみえますか。
桜島08.10.12-2
私は島の周りは全部海だと思っていたんですが、大正3年の噴火でそれまで島だった桜島が流れた溶岩により、大隈半島との陸続きになったと教えてもらいました。
垂水の道の駅をあとにして、桜島に渡ると山の姿が迫力を増してきます。手前は固まった溶岩。
桜島08.10.12-3
さっき見た噴火口は右側に移ってます。このポイントが山頂に一番近そうです。
山頂をズームしてみるとなお凄いですね~
桜島08.10.12-4
山を右手にみながら更にもう少し回ります。
古里町という所であの林芙美子の銅像がありました。ここが彼女の本籍だと説明がありましたが、とても聡明な美しい顔立ちでした。
桜島08.10.12-5
海を眺める子供の芙美子さんもいましたよ~。
桜島08.10.12-6
ここの駐車場でクズの花が咲いてるのを見かけてパチリ。先日沖縄でタイワンクズの花を見たばかりだったのでいい比較になりました。
桜島08.10.12-7
更に移動して桜島港へ行きますが、そこでまた山の方にあがって見晴台に行くと、まったく違う顔の桜島が見えました。(横長の画面で撮ったのでクリックして見て下さい) すばらしい眺めです。
桜島08.10.12-8
さて、桜島港に戻ってここからフェリーに乗って対岸の鹿児島市へ移動。
連休とあってかなりの混雑で、フェリーが10分おきに港とを出発してます。
桜島08.10.12-9
フェリーから桜島へお別れを告げて市内へ。。
桜島08.10.12-10
市内に入ってまもなく凛々しい西郷さんに会いました。街中にも銅像があったとは知らなかったです。
鹿児島に来たからにはやっぱりこの人には会いたっかた^^;
西郷隆盛08.10.12

そしてこの時期NHKの大河ドラマで大人気でご当地だし。。
他のみんなも楽しみにしていたようで、篤姫展に行ってきました。凄い人でしたが、短い時間の中で会場をぐるっと回りましたがいい歴史の勉強になりました。

夕暮れが近づいて来るなか、車は更に南の指宿へ。。
この日最後に寄ったのが篤姫が幼少の頃過ごした今和泉島津家別邸跡です。その場所は学校になってましたが、お屋敷の石垣が残ってました。
今和泉島津家別邸跡08.10.12-1
幼い頃彼女が遊んだ海辺かなぁ~ なんだか遠い目になってしばし気分に浸ってしまいました。
今和泉島津家別邸跡08.10.12-2

この日の夜の街の明かりを見ながら露天風呂へ。。。^^


3日目も薩摩富士を眺めながら、知覧、フラワーパーク、武家屋敷と回ってきました。
ずっと道案内をして下さったNさんご夫妻には言い尽くせないほどお世話になり、おかげ様で思い出いっぱいの旅が出来ました。(感謝)
スポンサーサイト

コメント

40年以上前に

鹿児島に行ったのはもう忘れるほど昔です。
懐かしい桜島 一日のうちでも色が変ると聞いています。
林芙美子の生まれた所なのですね。
私の街では 林芙美子は女学校に通った頃だそうです。
放浪記で有名ですよね。
尾道にも芙美子像があるのですよ。
もう一度いつか鹿児島にも行ってみたいです。

さちさん、そうですか、
尾道は林芙美子が若い頃に過ごした町なのですか。
銅像を見た所、とても賢そうな顔立ちでした。
どんな青春時代だったのでしょうね~。

鹿児島の町並みも自然もいろんな顔があって少しの時間では
足りない感じで、歴史の重みを感じました。
私もまた行ってみたいです。

林芙美子さんの本籍、

そうですか鹿児島でしたか。私は鹿児島へは1 回も行ったことがな
いので、きょろきょろと拝見しました。地名は昔の仕事の範囲がオー
ル・ジャパンだった関係で、ちらほらと思い出します。乗られたフェリ
ー、まあ風通しがよく出来ていてやっぱり南国仕様で、信州じゃ考え
られない作りだなと変なところで感心しました。

kazuhoさん、こんばんは。
お久しぶりです。信州はもう秋は終わり頃でしょうか。
鹿児島は学生の頃東京に行くのに船から列車に乗り換える中継点でした。
その時は通り過ぎただけだったので、今回はいろいろ周れてよかったです。
フェリーは15分くらいでしたが、デッキで桜島を見ながら過ごしました。
いい思い出です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索