FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

やんばる日記 08.6.21

一週間前にみたイナバラン(オオギミラン)が「咲いていますよ」という急な連絡を頂いて又みんなで同じ場所に行ってきました。
1週間前にはあと10~14日後かなという予想だったのですがなんと全部咲いていたのです。
花は正面よりも横顔にインパクトがあります。
イナバラン08.6.21-1


花の正面からの画像です。これが一番整った咲き方の株でした。
イナバラン08.6.21-2

アップで。
イナバラン08.6.21-3

同じ株の6月14日の写真です。このあと3日間で咲いたようです。
硬そうな蕾ですが、時期がくるとパカッと割れて花が出てくるのかナァと想像しています。
イナバラン08.6.14-5

これが最初から撮影していた仲良しの二株。葉は長楕円形で艶があります。
茎は横ばいになった後上向きに成長していっています。
イナバラン08.6.21-4

あと一枚横向きの花のアップを。どうみてもも不思議な形の花です。
イナバラン08.6.21-5

コヤブミョウガの花。
コヤブミョウガ08.6.21

ワラビツナギとう名のシダ植物。
ワラビツナギ08.6.21-1

根っこが岩を這って葉は少しづつ間隔をあけながら付いています。
ワラビツナギ08.6.21-2

葉の付き方が左右対称でないのが面白いナァと感じました。
まだ若いようで胞子嚢は確認できていません。
ワラビツナギ08.6.21-3

その近くでヤクシマネッタイランが2株ありました。
蕾をつけていましたが、咲かないで終わってしまう場合もあるそうです。
ヤクシマネッタイラン08.6.21

午後は別な場所に移動してナハキハギというマメ科のハギの木を見に行きました。
ハギならあちこちにあるのですが、この海岸沿いに自生するナハキハギは沖縄でも場所は限られていて、
分布の北限であるとか。
ナハキハギ08.6.21-1

こんな葉の大きいマメ科の木では似たのにバウヒニアが頭に浮かびましたが葉の形は違いますね。
ナハキハギ08.6.21-2

アダンの実がなっている海の風景。
アダン08.6.21

最後は先週みたイモネヤガラのポイントへ行ってきました。
先週のは既に終わっていましたが、近くに別な蕾をつけてた株が上がっていました。
イモネヤガラ08.6.21-1

イモネヤガラの根っこは確かにイモでした。陽にあたって緑色になっているおイモさんでした。
イモネヤガラ08.6.21-2





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索