FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

カモジグサ

道端や草地で普通に良く見かけます。似たのにアオカモジグサもある様なので、取りあえずカモジグサを観察してみました。
カモジグサ20200514-1

束生する多性草本。直立する稈は高さ40~100cm。葉は長さ20~30cm、幅は5~10mmで緑色又は粉緑色。穂状花序は長さ15~25cmで弓形に垂れて多くの小穂をつける。
カモジグサ20200514-2

小穂は直立して殆ど無柄、長さ15~25mm、小花は5~10個。淡緑色~粉緑色、一部は紫色。
カモジグサ20200514-3

葉舌は高さ1mm。(これは2016.5.24のもの)
カモジグサ20160524-2

小穂
カモジグサ20200514-5

護頴と内頴(画像は間を広げています)は同長。
護頴は長さ9~12mm、無毛で先は次第に細くなり長さ1.5~3cmの直立した芒となる。芒は紫色のもが多い。
内頴の竜骨の上半部に沿って細い翼(ひれ)があり、翼には多数の細かい歯がある。
カモジグサ20200514-6

内頴を内側から見たもの。画像のものは果実が出来ていた。
カモジグサ20200514-7
(メモ)アオカモジグサの内頴は護頴の長さの2/3内外で中央より上部がもっと広く先端は切形かまたはやや凹む。

2016年5月に大宜味村の浜辺の内側で見たもの。いまは全て無くなり砂だけになっている。
カモジグサ20160524
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索