FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

樹木の花(実)12月(2)

明けましておめでとうございます。
昨年の続きです。シロダモの咲き始めの花がありました 2019.12.18
シロダモ20191218-1

葉腋についた沢山の蕾が膨らみ、開花を待っています。
シロダモ20191218-2

その前日ですが、ここのは大木でしたが、実が色づき始めた姿。この季節、シロダモは花も実も楽しめます。
シロダモ20191217

ヒメイタビ ここに来るまで大抵は落ちてしまうのですが、良く残っていてくれました。2019.12.18
ヒメイタビ20191218

ホソバモクレイシ モクレイシの変種で葉が基本種に比べ細く線形。
9月に果実のついた株を見て、その後花が咲くまで何度か通いました。2019.12.25
ホソバモクレイシ20191225-2

雌花の拡大。退化した雄しべも見られます。径5mmの小さい花。
ホソバモクレイシ20191225-4

この株の近くに雄株もありました。知人に連絡を貰うまで、気が付かず、雌株ばかり追っかけていました。出かけた時は花は大分少なくなっていたけど、来年は早くから観察しようと思います。
ホソバモクレイシ20191225-1

花の拡大。
ホソバモクレイシ20191225-3
後は果実が熟して赤い種子が見えるまで追っかけてみようと思っています。今年もどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト



コメント

遅まきながら。

おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

いろんな実、可愛いい^_^
センダンの木って、樟脳の木ではないですよね?

と言うか、樟脳になる木。
早々に変な質問でした🤓

maruさんへ

maruさん、今年も宜しくお願い致します。お正月は如何でしたか。私は実家の家事手伝いで過ごし、昨日はやっとのんびりドライブして来ました。
センダン(栴檀)の樹(センダン科)については手持ちの「日本薬草全書」で調べてみました。りっぱな漢方薬の原料になる生薬が出来る樹で、樹皮から苦楝皮(クレンピ)と言って回虫、ぎょう虫、条中の駆除薬。果実からは苦楝子(クレンシ)と言って痛み、整腸、駆虫薬として使われるようです。

そしてややこしいけど、東南アジア、インドにある香木のビャクダン(ビャクダン科)なので別物です。
樟脳の樹はクスノキ科でこれもセンダンとは別物です。
私も調べて勉強になりました。ありがとう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索