FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ニシヨモギ

日当たりの良い山野に生える多年草。花の時期の草丈は1mを越します。
ヨモギの変種で別名オキナワヨモギ、沖縄ではフーチバーと呼ばれ食材として馴染みがある。
ニシヨモギ20191111-5

頭花は大きな円錐花序。花が咲くと赤褐色に見えます。
ニシヨモギ20191111-6

花芽が出始めの株。茎の中間の葉は楕円形で羽状深裂し、裂片は2~4対。もう少し若い時の葉を積んで、ジューシー(雑炊)、魚汁やヤギ汁の薬味に、お餅に入れたりと普段生活になじみの深い食材です。私はヨモギ餅が大好き。
ニシヨモギ20191111-4

葉裏は綿毛に覆われて白く見える。開花前の蕾も白い。
ニシヨモギ20191111-3

頭花は多数。ヨモギの花よりやや大きいらしい。
ニシヨモギ20191111-7

総苞片は4列に並び、頭花の径は2.5~3mm。
ニシヨモギ20191111-1

小花は周囲に4~10個の雌性花、中心花は両性花からなり、図鑑では8~12個とあるがそんなにあるとは思えない。
ニシヨモギ20191111-2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索