私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

北海道の花たち(2) 08.5.3

今度は場所を移ってこのソラチコザクラを目的にえらく走りました。
どれだけ。。。凄く遠くでした。 北海道は移動に凄く時間がかかるのです。

ソラチコザクラ(サクラソウ科) 今年は開花が早いのだと聞きました。
ソラチコザクラ08.5.3-4


もう次はないかも知れないといっぱい撮りました。時間はもう遅かったのですがこの日のお天気が良かったせいで、撮影可能でした。晴れ女の花友達のお陰です。
可愛らしいでしょ!こんな湿った岩の隙間にさいてるなんて。。不思議とさえ思うほどです。
ソラチコザクラ08.5.3-2

ソラチコザクラ08.5.3-3

高さは10cm弱の小型の多年草。
ソラチコザクラ08.5.3-1

ヒメイチゲ(キンポウゲ科)が2株仲良く並んで咲いていました。
高さは15~6cmかな。。小さめです。
ヒメイチゲ08.5.3

オオサクラソウ(サクラソウ科)ソラチコザクラに比べてもだいぶ大きめです。高さは20cm以上はあったように思います。⇒訂正エゾオオサクラソウです。(葉の表面に微毛、花茎にも毛が多い)
エゾオオサクラソウ08.5.3-1

エゾオオサクラソウ08.5.3-2

エゾオオサクラソウ08.5.3-3

はじめオオサクラソウと思っていましたが、花茎、葉の表面など微毛を確認出来たらエゾオオサクラソウとお友達が教えて下さいました。画像を拡大したらちゃんと確認出来ました。確か葉を触った時にフワフワしていたのを思い出しました。
エゾオオサクラソウ08.5.3-4

エゾキケマン(ケシ科)
夕方の暗くなりかけた道端でも黄色い色が鮮やかでした。それに比べてやや薄い目の緑の葉はおとなしい色でとても細かく切れていて繊細な感じを受けました。
エゾキケマン08.5.3-1

エゾキケマン08.5.3-2

ミヤマハンショウヅル(キンポウゲ科)
開花期はひと月あとのようです。花は紫色でまた何処かで開花に出会える事があるかなぁ~。
ミヤマハンショウヅル 08.5.3-1

ミヤマハンショウヅル 08.5.3-2

ツルネコノメソウ(ユキノシタ科)と思います。ソラチコザクラと一緒に咲いていましたが、高さが10~15cm位、細長い茎を長く伸ばして密集していました。
ツルネコノメソウ 08.5.3-1

一部をトリミングして見ました。
ツルネコノメソウ 08.5.3-2

コキンバイ(バラ科)周りには小さな微毛の多い葉がニョキニョキと出てきています。
コキンバイ08.5.3-1

コキンバイ08.5.3-2

フキノトウの花も入れておきますね。
フキノトウ08.5.3


行く前はセーターとか必要かなと冬支度を先に札幌に住む息子の所へ送っていましたが、意外と暖かく冬物は必要なかったです。
でもその後また何処かで雪が降ったとか。。。  私はほんとうにラッキーでした。
急な連絡にもかかわらず遅くまでお世話をお掛けしました。S様ご夫妻に感謝申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

北海道、ふうーむ次は何処へ

凄いですね、北海道が出てくるとは思いませんでした。ソラチコザクラ、桜草そのものでビックリしました。私も北海道は数え切れぬほど、主に秋頃行きましたが、それはあくまで仕事ですからやっぱ札幌が中心でした。
ところで、いつも色々なものを見せていただいていますが、今日はスミレを一葉お届けしようと思いましたが、こちらの掲示板がどうもうまく表示されないので、ここでご挨拶のみしておきます。
爺の写したスミレ、空飛ぶすみれ流の名取りに比べたらささやかなものですが、今日hpへアップしましたのでお手すきの折にでもご覧ください。
もうシーズンもほぼ終わりましたが、移動が多い分お疲れもあるかと思いますので、どうぞご自愛ください。

kazuhoさん、北海道へは実はいろいろ縁があって、この4月から息子が暮らしています。
確かに以前は花の咲く時期でも全然気が付かなかったなぁ~と
私も感じています。
HPの信州のすみれたち、たくさん撮っていらっしゃいましたね。
私も昨年を思い出して行ってみたくなっています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索