FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

北海道のすみれ達 08.5.3

ゴールデンウィークの4連休といっても私の所からでは往復に2日間かかって中の2日間しかないし、別な用事で行ったので正直花に会えるといっても町の公園くらいだろうなと考えていました。
でも札幌にお住まいの花友達のご好意でたくさんの花に会う事が出来ました。
やっぱりすみれの花たちからご紹介します。
フチゲオオバキスミレからです。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-1



地球岬のお天気はとても良くて太陽に当たって黄色い小さめの花が一面に咲いていました。
昨年新潟でみたオオバキスミレの仲間です。形は同じようにみえましたけれど、フチゲと名がついているので、葉の縁の毛を見ましたがあまり目立ちませんでした。太陽の光が当たってるせいか葉脈が深くはっきりとして見えます。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-2

茎は紅く太く足長さんです。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-3

花のアップ。側弁にちょっとだけ毛が付いていて赤紫の筋も少しだけ入っていました。。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-4

距はあまり見えません。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-5

フチゲオオバキスミレ08.5.3-6

赤い蕾も可愛らしい。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-9

↓群生の様子分かりますでしょうか。サムネイルをクリックしてみて下さい。
フチゲオオバキスミレ08.5.3-7
葉の縁毛の様子⇒フチゲオオバキスミレ08.5.3-8

スミレサイシンが咲いていました。
スミレサイシン08.5.3-2

とても気になったすみれはこれですが。。 オオバタチツボスミレでしょうか。。 合ってますか?
だとしたら初めて会うのですが、もっと撮れば良かった(反省)

追記:わりと大きめでしたがこれもミヤマスミレの様です。本州では高山に咲くすみれでも北海道ではそんなに高くなくても見る事ができるのですね。

オオバタチツボスミレ?08.5.3-1

オオバタチツボスミレ?08.5.3-2

オオバタチツボスミレ?08.5.3-3


地球岬をあとに勇払郡へ走って下さいました。その移動距離は沖縄本島を一周してもまだ足りない距離だったと思います。
ミヤマスミレ。ほんとに可愛らしい♪
ミヤマスミレ08.5.3-1

ミヤマスミレ08.5.3-2

フイリミヤマスミレはたくさん見つかりました。。この場所では斑入りでなかったのは上の株だけだったように思います。
フイリミヤマスミレ08.5.3-1

斑入りの葉は綺麗ですね。
フイリミヤマスミレ08.5.3-2

フイリミヤマスミレ08.5.3-3

横顔のあっぷ。距の先が丸く膨らんでいました。
フイリミヤマスミレ08.5.3-4


翌日は北大の植物園を散歩してきました。
オオタチツボスミレが普通に足元にたくさん咲いていました。
オオタチツボスミレ08.5.4

ニョイスミレもいっぱい。
ニョイスミレ08.5.4

植物園に高山植物のコーナーがあって、密かな期待をもって行ってみました。
そしてその期待ははずれませんでしたよ。ほんとにラッキーなことにエゾキスミレ(鉢植え)を見ることが出来ました。
エゾキスミレ08.5.4-1

葉も花もとても濃い感じです。葉の縁の波も固く強い感じを受けました。
エゾキスミレ08.5.4-2

北海道でも高山に登らなくては見えないすみれでなかなか合えるチャンスはないし、ここで見る事が出来てうれしかったです。
エゾキスミレ08.5.4-3

地球岬の風景です。いつもはとても霧が多いそうです。
地球岬08.5.3-1

地球岬08.5.3-2

トッカリショという風光明媚な場所です。
原名トッカリショ。アザラシの岩という意味で、今では岩でなくこの魚場のことをそう呼ぶようになった(現地の説明文より)
トッカリショ08.5.3-1

トッカリショ08.5.3-2

面白い名前の駅がありました。
母恋駅08.5.3

この後はすみれ以外の花を整理が出来次第載せたいと思います。
貴重な花にも出会えました。案内してくださったSご夫妻に感謝しています。
スポンサーサイト



コメント

はるばる北海道まで お疲れ様でした^^
でもちょうどいい時期だったみたいでよかったですね

ミヤマスミレ かわいいですね!わたし好み~♪

エゾキスミレの葉っぱって堅いのかな?
可憐な花とは不似合いなほどインパクトあるんですね

母恋駅 泣かせる名前だなあ~ 
母恋めしも気になるけど^^;

行った所が高山ではなかったので丁度よかったみたいです。
お天気も良くてついていました。

ミヤマスミレは小さくて可愛らしかったです。
本州の高山の花も北海道では意外と身近に見る事が出来るみたいです。
エゾキスミレの葉をちょっと触ってみましたよ。
厚くてシャキ~としていました。葉の縁の大きな波の手触りも味わってきましたよ。強い感じでした。ぱりぱりというほど硬くはなかったですが。。

母恋駅の前の信号で止まったときに目に留まって写しました。
(ははこい)と読まずに(ぼこい)と読むらしいですよ。なんでかな。。

北海道へ~ すごいなあこまつなさん。
思いがけない出会いだったんですね。うれしかったでしょう!!もつべきものは花友達 ですね^^
フチゲさんもこんなに群生してるんですね。離れ離れで咲いてるのかと思っていました。
おおきいすみれ ミヤマスミレの大きいのみたいな感じですが。どうなんでしょうか。

>volさん、ミヤマスミレについて先ほどそちらの掲示板でいろいろ教えて頂きました。
はじめに見た大きくて紫色のと、後からみた小さめでピンク色のと個体差はありましたけど、画像を拡大してみたら唇弁や側弁の特徴などに、共通するものがありました。
教えてくださってどうも有難うございました。

北海道

こまつなさん 北海道でもいろいろな
すみれに会えて良かったですね
フチゲオオバキスミレの群生も見事です。ミヤマスミレも可愛い
ますます すみれの魅力に惹かれますね。色付きの文字

さちさん、こちらへも有難うございます。
今回はお友達のお陰でたくさんのすみれに会う事が出来ました。
今回は思い切って行ってきてほんとうに良かったです。

いいでしょう、北海道

時折り、霧に包まれた道を車で走るなんて、ムード満点です。夏の暑いときでも、北海道で霧の中を突っ切るとひんやりして良い心地のものです。
ところで拙者は、まだ黄色いスミレに一度も会ったことがありません。つまり、憧れの黄色です。まぁそのうちに会えるだろうと思い、ため息をつきながら拝見しました。

kazuhoさん、信州には黄色いスミレはいりますよね。
昨年5月末でも早くて見る事が出来なかったので
これからではありませんか。
お里が信州なんてうらやまし~いです^^。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索