FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヒメハシゴシダ(屋久島)

ヒメハシゴシダ ヒメシダ科 ヒメシダ属 2019.6.1
この仲間も、ヒメハシゴシダ、コハシゴシダ、リュウキュウハシゴシダ、そしてハシゴシダ等、みた目だけではなかなか判定がややこしいので、何度も、どこでも見られたら比較したい所です。
わりと分かりやすいヒメハシゴシダ。。と友人の感想もあり、様子を見ました。やや標高のある場所の苔の中に他のシダと混ざって生えていました。左手前にヤクシマミヤスミレもいます。
コハシゴシダ20190601-1

屋久島の湿度の高い場所で葉は弱々しく、細く、茎は倒れているのも多かったですが、どうにか。。葉は披針形、2回羽状浅裂~全裂。淡緑色。
コハ5ゴシダ20190601-1

コハシゴシダ20190601-6

各羽片の基部の上側の裂片は周辺の物より大型で、基部まで切れ込んで独立する。
コハシゴシダ20190601-4

全体に半透明の単細胞毛があり、(葉軸の表側は密、裏側は樹褐色の腺細胞が散在する。)
コハシゴシダ20190601-3

ソーラスは裂片の中間~辺縁寄り(主脈の両側に2列に並ぶ)
コハシゴシダ20190601-7

包膜は円腎形、表面は有毛となっているが写っていません。
コハシゴシダ20190601-2

沖縄のヒメハシゴシダはこちらに載せています。 屋久島の物は羽片と羽片の感覚が大きく、ひょろっとしていますが、環境に寄るのかなと思いました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索