FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

屋久島へ(6)

海岸では沖縄と共通する植物が沢山ありました。
コゴメマンネングサ ベンケイソウ科
この草が生えている場所を前日に教えて貰っていたので、最後の日に寄ってみました。3人で探してやっと友人が見つけてくれたこの株ですが、あと少しで開花という所でした。草丈は一番背の高いもので9cm位。
コゴメマンネングサ20190603-2

花弁の長さは約5mm、晴れていたら咲いていたかも知れないけど、見つけられて良かったです。
コゴメマンネングサ20190603-1

ハマオモト ユリ科
海岸ではお馴染みの花。
ハマオモト20190601-1

テリハノイバラ バラ科
海岸や河原に生えるこの花はお馴染みですが、丁度開花期で良く花をつけていました。
テリハノイバラ20190601-3

九州南部から琉球の物は花序や顎の腺毛が多く、品種リュウキュウテリハノイバラとされると後で判り、ここのもそうだったと思いますが、よく見て来ませんでした。
テリハノイバラ20190601-2

花の径は3~4cm。
テリハノイバラ20190601-1

ハンゲショウ ドクダミ科
湿地に生えているのは見た事がありましたが、海岸で小さな群落をつくっていました。草丈は1m程度。
ハンゲショウ20190601-3

花の頃に葉の下半分が白くなるので片白草(カタシログサ) 、夏の後半、夏至から11日目頃に咲くからハンンゲショウ(半夏生)など植物の様子をよく現した名前です。
ハンゲショウ20190601-1

私は当初、葉が半分白いの半化粧かなと思っていましたが、それもありそうです。
ハンゲショウ20190601-2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索