FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

コバナナベワリ

ビャクブ科 ナベワリ属
前回のヒュウガナベワリと同じような草丈でしたが、花や葉に少しづつ違いが見られました。 草丈は45~60cm。
コバナナベワリ20190415-1

葉は互生、卵状楕円形で普通7~11個、縁はやや波打っていました。茎は紫色を帯びるのも特徴の様ですが、上の画像でなんとなくわかります。
コバナナベワリ20190415-4

葉腋から花を1個づつ付けています。
コバナナベワリ20190415-2

花は径4~5mmと小さく暗紫褐色。花柄の折れ曲がった所に線形の小さな苞が見えます。
コバナナベワリ20190415-3

花糸は花の先端のオレンジ色(実際はもう少し黄色)の花粉を支えている褐色の筒状の物と思いますが、長さ1.5mm、径1mmとヒユウガナベワリの半分近くでした。物差しで花を持ち上げたので花の部分が見えましたが、自然の姿では知らないと咲いている事さえわからなかったかもです。面白い花ですね。
コバナナベワリ20190415-5

これで4月の鹿児島、宮崎の花を終わります。ご案内頂いた皆様へ感謝申し上げます。
スポンサーサイト



コメント

コバナナベワリ

こんばんは。
ヒュウガナベワリ、コバナナベワリは、当地では自生してないです。 名前がナベワリとは面白い名前ですが
名前の由来に興味がありますね。

シルベスターUさんへ

こんばんは。
まだ梅雨入りの宣言はないのですが、湿度が高く、時々雨でベランダでもカタツムリが活躍し始めて油断が出来なくなりました。すみれも花がそろそろ終わりで、植え替えには丁度良い時期です。

ナベワリとはほんとに変わった名前ですよね。Webで検索するとこの花には毒の成分があるらしく、舐めたら舌が割れるほど痺れるという言い伝えが変化してこの名前になったらしいです。昔は食用になるかならないかは大切な事だったのでしょうね。

花。面白い格好していますね。

私も変わった名前!と、一つ前の記事を見てて、思い、ウィキで調べたら、舐めたら......が、載っていたので、
舐めたら、いかんぜよ(古い〜)

あ!名前教えて頂き、有難うでーす。

maruさんへ

>舐めたら、いかんぜよ(古い〜)
(o^^o)ふふっ♪全くその様ですね。そこでふと思ったのですが、花粉に寄って来る昆虫はいるのかなぁ~とか、気絶しないのかしら。。なんて余計な心配事が出来てしまいました^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索