FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

メアオスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属 ヌカスゲ節
宮崎のやや湿った道端です。アオスゲの仲間はよく似ていて見分けが難しいけど、この3日前にアオスゲを見ていて、この日は草地の中にヒメアオスゲもあったので、比べてこれはなんとなく違うかなと思いつつ撮りました。
メアオスゲ20190415-1

有花茎の高さは15~25cm程度、葉は有花茎と同じか、それより長いのもあります。ヒメアオスゲ程ではないですが柔らかめ。
メアオスゲ20190415-5

葉の基部を撮るつもりが良く写っていませんが、有花茎の基部近くに1個の小穂があるのが特徴の様で、これがありました。
メアオスゲ20190415-2

頂小穂は雄性で雌小穂がその下に2~3個つく。苞は花序と同長と図鑑にありますが、ここのはやや長めで、基部に鞘があります。
メアオスゲ20190415-3

割と大株で一部を外しましたが、根は這ってはいないがしっかり繋がっているようです。画像の左から2番目の有花茎の基部に小穂が出来ているのが確認出来ました。
メアオスゲ20190415-4

雌鱗片は果胞より長く、長い芒があり、果胞には短毛が見られます。痩果は長卵形で見えにくいですが稜があり、柱頭は3岐。
メアオスゲ20190415-6
という事で特徴が一致するのでメアオスゲとしました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索