FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ヘビノボラズ等 

ヘビノボラズ メギ科  宮崎の湿原で
高さ1m程度で可愛い花が咲いてました。葉のすぐ下に刺がみえます。披針形の葉の縁に細かい鋸歯があるのが写ってました。
ヘビノボラズ20190415-1

枝先からでる花序は葉の長さより短い。葉の長さは3~9cm(図鑑を参考)葉は内側に巻いてますね。
ヘビノボラズ20190415-2

ヒロハヘビノボラズを北海道や長野県で見ていました。葉の様子が違ってます。
こちらの記録でみられます
ヘビノボラズ20190415-3


イワガネ (鹿児島)城山のシダの所で沢山ありました。
イワガネ20190412-3

綺麗な雄花と雌花を探して知人たちとうろうろと。。これは雌花ですね。
イワガネ20190412-4

雄花です。イラクサ科特有の雄蕊がみえますが。
イワガネ20190412-2

葯がまだ残っているのもありました。
イワガネ20190412-1

タカナベカイドウ (宮崎で)湿原にあって高鍋地域特有のカイドウだそうです。
タカナベカイドウ20190415-1

残り花がありました。地元では牟田桜と呼ばれているそうだ。
タカナベカイドウ20190415-3

花弁が落ちて雄蕊が残っている所。この姿も綺麗だった。
タカナベカイドウ20190415-2


ツリバナ(宮崎) ニシキギ科 葉が対生で先の方が大きくなって、最近沖縄でもリュウミュウマユミが咲いてるので似てるなと思って花もみたかったのですが、フェンスの中でした。
ツリバナ20190415-2

花の所をトリミング。
ツリバナ20190415-1


ウラジロガシ (宮崎)湿原の遊歩道沿い見えました。これがウラジロガシ!
ウラジロガシ20190415-3

オキナワウラジロガシとどう違うのかなと見てみたかったのです。葉がやや小さめで鋸歯が目立っていました。
ウラジロガシ20190415-2

残り花。比較が出来ていい勉強になった。
ウラジロガシ20190415-1

大木で花が咲いてるのを下から眺める。
マテバシイ20190415-2

マテバシイ ではないかと思います。(宮崎)似たのにアマミアラカシやイタジイがあるけど分布が違うし。
マテバシイ20190415-1

ドングリが落ちてました。マテバシイであっていますか。
マテバシイ20190415-3

ひとまず樹木はこれで終わりにします。
スポンサーサイト



コメント

ヘビノボラズ等 

ヘビノボラズとは面白い名前ですね。
鋸葉を蛇も嫌って登らなかったことより
名前がついたんでしょうか?
それとも蛇の嫌な臭いで避けていることからかな?

シルベスターUさんへ

こんばんは。
そうですね、名前が印象的で、以前ヒロハヘビノボラズを見てからを憶えていました。でも名前の由来は詳しくは分かりませんが、葉の下の方に鋭い刺があってその辺が関係しているのかも知れません。匂いも嗅いでみれば良かったのですが。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索