FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ハイチゴザサ

山地の湿った場所、湿地等に生える小型の多年草。これは山の渓流の隅で、岩の周りの土の上を這っていました。節の途中から根を出して広がり、その後斜上します。
ハイチゴザサ20180916

よく見かけるお馴染みの小さなイネ科ではありますが。エダウチチヂジミザサとは違って衣服にくっつかないし、可愛らしいのです。花序はこれで長さ5cm。葉は長さ4~5cm、幅は4cm。
ハイチゴザサ20180916

小穂は長さ1.5mm程度。チゴザサは柄に帯状の腺(一部膨れた様になる)があるが、ハイチゴザサには見られない。
ハイチゴザサ20180916

開花中のがありました。イネ科の花はとても綺麗ですが、1mmの花は顕微鏡モードで見ないと良く分かりません。
ハイチゴザサ20180916

小穂を観察しました。外側2個が包頴で表面に疎らに長毛が見え、脈もあります。
内側2個は護頴(見えませんがその内側に内頴)があり、小花は2個です。2個の白い柱頭がみえます。
ハイチゴザサ20180916

この時は花は咲き始めで、沢の足元でこんな風に広がっていました。踏みつけて歩いても、水に浸かっても大丈夫そうです。
ハイチゴザサ20180916

他にチゴザサ、アツバハイチゴザサ、又ケナシハイチゴザサ、ダイトンチゴザサというのがあるらしい。

同じく渓流で、オキナワスゲの花が咲いていました。
オキナワスゲ20180916

真ん中の背の高いのが雄性、他は雌性。どちらも花盛り。
オキナワスゲ20180916
スポンサーサイト

コメント

ハイチゴザサ

こんばんは。
ハイチゴザサは多分雑草と思い込んで、見過ごして踏みつけているんでしょうね。
昨日の散策で岩場にスミレが咲いていました。春のスミレとこの時期のスミレ、花の形が少し違うような感じでした。

シルベスターUさんへ

こんばんは。
私もそれほど珍しくはないと思いながら撮って来ました。
県外では珍しくなさそうですが、図鑑をみると新しいRDおきなわのリストでは絶滅危惧Ⅱ類に入っていました。チゴザサは多いのかも知れません。
それで、秋のスミレさんに出会えたのですか!!いいなぁ。。うらやましいです。

チゴザサの花 ぷっくりと可愛いと思ってますが、ハイチゴザサもかわいいですね。私には肉眼でわからないのがさびしいですが(^_^;)

volさんへ、

そうそう、私も眼鏡なしでは見られませんです。
顕微鏡モードのカメラを重宝しています。
最近懐中電灯の様なルーペを使っています^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索