FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

浜辺を這う

雨の予報はなくなり、すっかりカンカン照りの中、又海辺へ。
砂浜の中の植物は何時も同じとは限らず、季節で色々変化します。今回はハマニガナが可愛く咲いているのが見つかりました。砂の中に根や茎が連なっていて小さな葉が可愛らしい。砂の上のつるはスナヅルです。
ハマニガナ20180912

分布は日本全土。葉は出始めの長さ1cm位から大きいので5cm位で、浅~深裂。
ハマニガナ20180912

花の径は2~3cm。
ハマニガナ20180912

這うといえばグンバイヒルガオ
グンバイヒルガオ20180912

圧倒的です。
グンバイヒルガオ20180912

短く這うか斜上するハマタイゲキ。この日は2か所の海岸で確認。
ハマタイゲキ20180912

花もよく咲いてました。大きく逆さまに膨れた雌花が面白いです。
ハマタイゲキ20180912

経過観察中のカヤツリグサ科はなしまだ変化なし。
カヤツリ20180912

これも砂の中で根を長く這わせています。
カヤツリ20180912

岩を這うテリハノイバラは果実が出来ています。下の葉はハギカズラ。右上の葉と斜めに這う刺のある枝がテチハノイバラ。
テリハノイバラ20180912

無理やり海と。
テリハノイバラ20180912

まだまだ泳げますけどここは訪問客は少なくて結構な穴場^^
海辺20180912

スポンサーサイト

コメント

浜辺を這う

こんばんは。
馴染みのあるハマニガナはそちらでも自生していますか。7月末に故郷山陰の海岸で見ました。その他ウンラン等ですが、町花としてトウテイランもあります。
本日も湿地歩きでミズトンボ、ホシクサ、ゴマクサ、タヌキマメ等です。

シイルベスターUさんへ

こんばんは。
ハマニガナはお馴染みの花ですね。砂から花茎を出している姿が可愛いなと思って撮りました。
トウテイランが町花ですか、紫の素敵な花ですね~。海辺に咲いている姿を想像しました。そして今日も湿地でしたか、沖縄の湿地よりきっとスケールが大きいのでしょうね。いいなぁ。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索