FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

フモトシケシダ

メシダ科 シケシダ属
標高は300m程度の山地林縁で見かけたシダ。直立する胞子葉と下の方で横に葉を広げる栄養葉があり、2形の生え方が分かりやすい。
フモトシケシダ20180528

この画像のもので胞子葉の葉面の長さが20cm、葉柄の長さが16.5cm。最下羽片がやや下向きですが、他は横向きにつき下の方の羽片には短い柄が見られました。
フモトシケシダ20180528

下にある栄養葉は葉面の長さ18cm、葉柄は4cmでした。
フモトシケシダ20180528

葉柄は基部から葉の中間あたりまで紫褐色。
フモトシケシダ20180528

葉柄は白い毛や褐色を帯びた鱗片が疎らに付いています。
フモトシケシダ20180528

胞子嚢群は裂片の中肋寄りにつき狭長楕円形。羽軸や小羽軸、また葉の両面に疎らに毛がありました。
フモトシケシダ20180528

包膜は不規則な突起縁、表面は僅かに有毛。
フモトシケシダ20180528
今回図鑑を読んで沖縄島も分布に入っている事が分かりました。山地の湿った似た様な環境にあるのかも知れません。色々形に変化の多いナチシケシダの中にありそうな気がして来ました。特徴を覚えて探してみたいです。
スポンサーサイト

コメント

フモトシケシダ

こんばんは。
シダ類は種類も多く同じ姿に見えて、マニアックな世界と思います。ルーペ片手に葉の形状等観察されておられて感心しています。散策時でもスルーして来ましたが、これからは写真を撮っておこうと思います。まだシダ類の同定出来る眼力がありませんのでストックとして。

シルベスターUさんへ

こんにちは。こちらは梅雨が明けそうで、まだで蒸し暑い毎日です。
シダは私も始めはどれも同じように見えました。それでも沖縄の物は特徴がまだ分かりやすく、そこから始めたらハマってしまいました。
観察にはその場で時間がかかるので、なかなか別行動が出来ない時も多いです。ルーペと懐中電灯物差しなど道具が必要ですが、オリンパスのTG3を使いだしたら詳細が見えて意外と楽です。

問題なくフモトですね。関東ですか? 沖縄本島のは鹿児島本土から隔離分布しているものですが、私は未見です。涼しめのところが好きなようですので、与那覇岳の山頂付近にでもあるのでしょうか。

光田先生へ

 こんにちは、昨日から名護の実家に行っていて気がつくのが遅れました。
 おっしゃるようにこれは5月末にpanadaさんと神奈川へシダ散策に行った時に見た物です。フモトかホソバか迷っていた時にFacebookの先生のフモトの記述を読ませて頂いて、そうなんだと思って載せてみました。お墨付きを頂いて安心しました。沖縄島にもある事が分かったのは新しい図鑑に分布が載っていたからです。探してみたいと思っている所です。おそらく北部の山の沢の近くかなぁと想像しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索