私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ゴウソとヒメゴウソ

ゴウソ スゲ属
湿地の水たまりの所で見かけたスゲは見た覚えがある様な、何だろうか。。
ゴウソ20180530

ヒメゴウソの名前も浮かんだが小穂はあまり大きくないけど太く見える。
ゴウソ20180530

湿地の木道にべたっと座って観察して見る事にしました。こういう所が大好きです。草丈は50cm程度からもう少し大きいのまで。
ゴウソ20180530

湿地や湿原では普通にみられるゴウソでした。この画像のもので手前先端にある小穂が雄性、長さ2.3cm,雄鱗片は褐色、側小穂は雌性で長さは同じく2.3~2.5cm程度、雌花が9列位に並んでいます。
ゴウソ20180530

雌鱗片は褐色を帯び短い芒がある。
ゴウソ20180530

果胞は雌鱗片と同じ長さか、やや長く、広卵形、長さ4mm位、表面に乳状突起があるので、写したかったですが、コンデジでは難しかった。
ゴウソ20180530

図譜で描かれて乳状突起は実際はどんな感じなのか、一度は見てみたかった。。 粉をふいた様にみえるのはこれなんだな。
ゴウソ20180530

ヒメゴウソは前日に別な所で見ていました。以前沖縄でも見た事がありましたが、こちらは草丈は30~50cmでやや小さめ。
ヒメゴウソ20180529

雌小穂は長さ3cm程度、始め立ち上がりますが、次第に垂れ下がった姿になる様だ。ゴウソに比べて青みがあり、小穂も細く見え、これで長さ3cm程度。
ヒメゴウソ20180529

雌花は16~17列位並んでいる。
ヒメゴウソ20180529

雌鱗片は芒の先が果胞より長いもの、同長の物が混ざっています。ゴウソに比べると果胞は色は緑白色で小さめ、痩果も小さめでした。みた目でも違う事がわかりました。
ヒメゴウソ20180529

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索