FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

神奈川県の花 2018.5(8)

コバノフユイチゴ  バラ科
蔓性のイチゴ。林の中で咲いていました。楕円形のシワシワの葉がなかなか印象的でした。白い花もとても綺麗。
コバノフユイチゴ20180529

葉の縁は細かい鋸歯があり、中肋から葉柄にかけて刺があり、白い毛も多い。
コバノフユイチゴ20180529

常緑のつる性で低木。花を写していてふと気が付くと周りにも沢山花が咲いてた。
コバノフユイチゴ20180529

ヒメヘビイチゴ バラ科
草の隙間を這う様に小さなイチゴがありました。ヘビイチゴも小さい方だけど、これは更に小さく葉は長さ0.5~1.5cm。左側にニョイスミレの葉があり、大きく見えますね。
ヒメヘビイチゴ20180530

黄色い花は径7mm前後とミニミニサイズ。花のアップをちゃんと撮っていなかった。。
ヒメヘビイチゴ20180530

イチゴの果実は赤か黄色が多いですが、これは緑色というのが面白い。
ヒメヘビイチゴ20180530

ヒメウワバミソウ イラクサ科
ウワバミソウの小さいタイプ。葉の先がより尾状になり、鋸歯が少なく5個以下。
ヒメウワバミソウ20180529

花を撮ったつもりが。。どうも、残念ばっかり。
ヒメウワバミソウ20180529

トチバニンジン  ウコギ科
初めてみる草でした。まっすぐ伸びた花茎は高さ50cm程度だったかな。図鑑を読んでみると日本でトチバニンジン属ではこの1種。
トチバニンジン20180529

花はまだでした。咲いたら花火の様に綺麗だろうな。
トチバニンジン20180529

葉は掌状複葉で3~5枚輪生。
トチバニンジン20180529

コバノボタンヅル キンポウゲ科
道路沿いの歩道の壁にあったこの草は沖縄にも自生があるのですが、まだ探しきれなくて、見たいなぁと思っていた物でした。リュウキュウボタンヅルはいくらでもあるので、どう違うのかなと思っていましたが、比較するとだいぶ小さめ。
コバノボタンヅル20180529

葉は1~2回の3出複葉。(リュウキュウボタンヅルは1回3出)
コバノボタンヅル20180529

小葉は長さ2~5cm、2~3個の切れ込みがある。茎や葉柄の分岐点が紫褐色でした。特徴を覚えて沖縄で探したい。
コバノボタンヅル20180529


レンリソウ マメ科
箱根の湿性花園で見た物です。箱根に自生はない様ですがエゾノレンリソウもあったので載せてみました。
レンリソウ20180530

レンリソウ20180530

エゾノレンリソウ マメ科
以前知床で見た事が有りました。
エゾノレンリソウ20180530

葉の巻ひげが分岐するのがレンリソウとの違い。
エゾノレンリソウ20180530

エゾノレンリソウ20180530
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
トチバニンジンは打ち上げ花火が開いたよに
見えますが、私だけかな?
どんな感じで見られましたか?
ダルマが赤くなり、南天のようになります。

シルベスターUさんへ

こんばんは。
そうそう、打ち上げ花火ですよね。蕾の状態でもそう見えますが咲いたら面白いだろうな、今頃は。。と思うと又行きたくなります。赤い果実も見てみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索