私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

神奈川県の花 2018.5(6)

ハクサンタイゲキ  トウダイグサ科
広いなだらかな斜面の草地に生えていました。トウダイグサ科というのは分かるけど、名前まではすぐにわからなかった。
花の咲く枝は普通5本出て、最初2~3又に分岐し、その後2叉分岐するとあります。
ハクサンタイゲキ20180530

花期には杯状花序の苞が黄色い。
ハクサンタイゲキ20180530

最初の苞葉は対生または3輪生し、その後は対生。
ハクサンタイゲキ20180530

蒴果(雌花の子房)に長い白毛があるのも特徴。複雑で面白いけど難しい。
ハクサンタイゲキ20180530

タカトウダイ トウダイグサ科
同じ日にこの花も見たので比較するのに良かったです。茎は分岐が少なく、直立する。散形花はふつう5個(0~8個)。葉は無柄で托葉がなく、茎葉は多数で互生し、花期も緑色。
タカトウダイ20180530

杯状花序の苞葉は広卵形。2段目の花が左右に出来ている。
タカトウダイ20180530

右下、橙色の腺体の内側から雄しべが出ている、雌花の子房は球状でいぼ状の突起があり、先から柱頭が出ている。(メモ)
タカトウダイ20180530

フタリシズカ センリョウ科
林のなかで静かに沢山咲いてました。
フタリシズカ20180529

花序が2本でフタリシズカ。でも1個のヒトリシズカよりおとなしい。
フタリシズカ20180529

3人シズカ。そういえばセンリョウの花もこんな感じでした。(ほんとは3個でもフタリシズカ)
フタリシズカ20180529

4人シズカ。隣のシダが気になっていたらこんな画像になってしまった。
フタリシズカ20180529

キクムグラ アカネ科
咲いてると聞いて近寄ってみたら、写せない~と思うほど小さい花。
キクムグラ20180529

無理と思ったけど、どうにか花が写っている所をトリミング。花の径1mm。
キクムグラ20180529

画像を拡大したら果実も写ってた♪
キクムグラ20180529
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索