私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

神奈川県の花 2018.5(5)

ユキノシタ ユキノシタ科
湿った岩上に群生する光景は以前にも見た事はありますが、これほどの景色は初めてでした。
ユキノシタ20180528

葉はランナーを出して広がり繁殖力は強そう。
ユキノシタ20180528

古いお寺によく似あう花でした。
ユキノシタ20180528

ツツジの名前は調べていません。なんだろ。
ユキノシタ20180528

ヤマトウバナ シソ科
同じ湿った場所でパラパラと生えていました。
ヤマトウバナ20180528

こちらで良く見かけるトウバナよりも花も草丈も少し大きめです。
ヤマトウバナ20180528

シソバタツナミ シソ科
小さな花が良く咲いていました。
シソバタツナミ20180530

葉は紫褐色の斑入りタイプ。変種のトウゴクシソバタツナミとよく似るがこちらは最下部の次の上の葉が一番大きくなる事、開出毛と下向きに曲がった白毛が混生すると図鑑にありました。
シソバタツナミ20180530

葉は卵形~三角状卵形、縁は鋸歯縁、葉裏も紫褐色を帯びていますが、そうでないのもあるらしい。
シソバタツナミ20180530

画像を拡大して開出毛をみると茎は横向き、葉は下向きに曲がる白毛がありました。
シソバタツナミ20180530

オカタツナミソウ  シソ科
こちらは葉の間隔があき、スッキリとした立ち姿。
オカタツナミソウ20180530

花はみんな同じ方向を向いてますね。
オカタツナミソウ20180530

こちらは下向きの毛がいっぱい。
オカタツナミソウ20180530
写すときは図鑑の記述などは知らずにいるので、詳細もコンデジで取り合えず撮っておいて後で見る事が多いですが、毛の向きや量が見分けになるとは、微妙ですね。
2種とも近くにあって良かったです。
スポンサーサイト

コメント

神奈川県の花 2018.5(5)

こんばんは。
当地はシソ科でオチフジが自生していますが
以前、トウゴクシソバタツナミソウと勘違いしていました。
シソバは我が家の庭に雑草の如く自生しています。
本日は片道200kmの花散策、帰路2ヶ所も散策
疲れました。

シルベスターUさんへ

こんばんは。往復400kmですか、お疲れ様でした。
沖縄本島1週してもまだあまりがありますよ。でもみたい花があればそうなりますね。
オチフジは以前見せて頂いたことがありました。
葉の模様が綺麗だったのを覚えています。
タツナミソウの仲間は好きですが、沖縄ではアカボシタツナミソウしかありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索