FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

石垣島へ 2018.4.24~26(3)

ミソボシラン ラン科
以前この花を見たのは3月後半だったので、もう終わってるかなと思いながら行ってみましたが、今年は遅れたのか、丁度いい時期でした。画面に収まりきれないほど株が多くて、もっと綺麗に撮りたかったのですが、山は雨露でぬれていて、さらに雷の音が聞こえだし、あたりが暗くなって、ゆっくりどころではありませんでした。
ミソボシラン20180424


ぎりぎりまで頑張っていたらあたりは真暗になって。
ミソボシラン20180424

後はライトを当てて花を。多分これで充分咲いているのだと思います。面白い花ですね。ミソボシラン属は日本ではこの1種のみ、分布も八重山諸島に限られます。
ミソボシラン20180424

シマギンレイカ サクラソウ科
原っぱのはじっこに車を止めた所で、なんか咲いてると思ったらシマギンレイカの果実でした。
シマギンレイカ20180425

殆ど果実で、残り花が少し。 他にギンレイカというのが本州~九州にあるらしい。こちらは屋久島~種子島以南。沖縄島では少ないですが、ここは沢山。。豊かな自然がいっぱい残っています。
シマギンレイカ20180425

シロバナイガコウゾリナ キク科
もう花後の姿ですが、葉がわかりやすく形が良かったので。
シロバナイガコウゾリナ20180425

残り花です。帰化種なんですが、なんだが可愛く思える小さい花。
シロバナイガコウゾリナ20180425

オキナワミチシバ イネ科
葉が伸びた所を写したいのですが、こんな場所はどうしても刈られるのでいつもこの状態。
オキナワミチシバ20180425

イネ科の花は意外と綺麗なんですよ。
オキナワミチシバ20180425


ムカゴサイシン ラン科
花後に葉が出て来ます。花は何時ごろ咲いたのでしょうね~。沖縄島と葉をみた時期が違います。葉の径はこれで2cm程度。
ムカゴサイシン20180425

径3cm程度。
ムカゴサイシン20180425


オオカゲロウラン ラン科
別名をテリハカゲロウラン、葉に光沢があり、草丈は40~50cm程度。割と大きいですが、花序につく花は小さく数十個、下から順に咲いて行きます。
オオカゲロウラン20180426

上の株とこの株で花が開いていました。
オオカゲロウラン20180426

一枚目の株の花の拡大。当初こんなに開くとはわからず、半開程度だと思い、変わった花だなぁと思っていました。それで学名で画像検索してみたら海外のサイトでこんな花が咲いているのがあったので、ちょっと咲きすぎですが、これで良いのだとわかりました。
オオカゲロウラン20180426

二株目の花。右上にもうすぐ開きそうな花もあります。めったに見られないのに、ルーペでもっと良く観察すればよかったと反省しています。
オオカゲロウラン20180426
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索