FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

オキナワムヨウランモドキ

2010.9.26
初めて見た時は、過去にみた地元のムヨウランの仲間とは大分様子が違うなという印象でした。
オキナワムヨウランモドキ20100926

蕾はすぐにでも咲きそうな様子。
オキナワムヨウランモドキ20100926

これも同様。
オキナワムヨウランモドキ20100926

新しい枝や蕾も出ていて近いうち叉来てみようと知人と話し合いました。
オキナワムヨウランモドキ20100926

2010.10.11
それから15日経過した画像ですが前回と似た状況。花は咲いていませんでした。
オキナワムヨウランモドキ20181011

周りにはこんな風に子房の大きくなった物もあり、花は咲いたのだろうと思っていました。この蕾も翌日には咲きそうな様子に見えました。
オキナワムヨウランモドキ20181011

2010.10.31
又、20日過ぎて行ってみても同様でした。何故咲かないのかという疑問が湧いてくる。
オキナワムヨウランモドキ20101031

ずっと新しい蕾が出て来ている。
オキナワムヨウランモドキ20101031

果実が出来、種子ははじけた様子。
オキナワムヨウランモドキ20101031

2010.11.06 
同じとは思いながらも花に会えるのではないかと又来てみるけど、
オキナワムヨウランモドキ20101106

またがっくり。。
オキナワムヨウランモドキ20101106

それから2度位出かけていますが、一度は個体数がかなり減少していた時期もあり、、2013年には石垣島でオキナワムヨウランの花を見る事が出来たので、姿も似ているし、このやんばるの咲かない株もオキナワムヨウランとしていました。やんばるのオキナワムヨウランはなかなか咲かない花という認識でした。

2016.06.21  又観察に通い出しました。

その後の様子を、2016-08-31 のブログにまとめています。
これにある通り、開花する前に花が落ちた事が分かりました。

それで、 菌従属栄養植物、腐生植物の研究者の末次健司氏に調査をして頂き、さらに現場に設置したカメラでインターバル撮影をしてもらったら、咲かずに花が落ちる様子が写っていました。
その様子は こちらで公開されています。

そしてオキナワムヨウランとは花の内部構造に違いがあるという事で
新変種「オキナワムヨウランモドキ Lecanorchis triloba J. J. Sm. var. clausa Suetsugu & Fukunaga」として発表されました。
長年の疑問が解決してすっきりです。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
ネットではオキナワムヨウランで閉鎖花受粉とか
そちらは亜熱帯の環境ですので
色々巡りあえて羨ましいですね。
こちらはキンポウゲ科が最盛期に入って来ます。

シルベスターUさんへ

こんにちは。
そうですね、気候のせいで色々変わったのがありますが、最近は平均気温がだんだん上がって来ている様で、いつの間にか亜熱帯より熱帯植物が見られる様になってくるかも知れません。
来週はすみれの旅の予定ですが、今頃のキンポウゲ科といえば、、イチリンソウが大抵すみれと一緒に見られるのを思い出しました。楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索