私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

やんばる日記 2018.3.20(1)

若葉の色が綺麗なこの時期、久しぶりに山の中をゆっくり歩いて来ました。
新緑が目立ち、花の香りも漂う林縁でイタジイが花盛り。眩しいほどです。
イタジイ20180320

別名オキナワジイ ブナ科 
奄美大島以南にみられる常緑高木で、この季節やんばるの森はこの木が目立ち、ブロッコリーの森と言われています。新緑は明るい緑色、広楕円形~広披針形、先は長く伸びて尖ります。
イタジイ20180320

満開でした。近づくとむせかえる香りで苦しいほど。琉球植物誌では強烈な芳香があると書かれています。
イタジイ20180320

葉と同じかそれより長い雄花序。雌花は若い枝の上端に無柄で付くらしいけど、きちんと見なく失敗。。(次回には)
イタジイ20180320

アマシバ ハイノキ科
ハイノキ科はどれも甘い香りで癒されます。渓流のあちこりで花盛りでした。長い道のりで疲れましたがこの花の前では何度も立ち止まった。これも奄美以南でみられる常緑低木。
アマシバ20180320

以前、初めてこの樹の花を見た時、純白の花が枝に被った雪の様に見えたのを覚えています。
アマシバ20180320

葉は卵状披針形、長さ2~5cmと小さめ、山の谷間とか渓流沿いで見られます。
アマシバ20180320

花序も2~3cm位で小さめ。ハイノキ科の中では一番小さいけど、香りは最高。
アマシバ20180320

この日咲いていた花は次回で。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索