FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

キールンカンコノキ

林縁に生える小高木。新しいAPGⅢ分類によるとコミカンソウ科 コミカンソウ属になる。
赤褐色の果実がついていました。分布は奄美群島以南。
キールンカンコノキ2018.1.15

葉は互生で全縁、カンコノキの仲間はいくつかあって区別が難しく、覚えたいと思っているのでサイズ等測ってみました。葉の基部は非対称、先は次第に細くなる。
キールンカンコノキ2018.1.15

赤褐色の蒴果は扁平な球形、ここの物は径8mm。
キールンカンコノキ2018.1.15

葉裏の色は表よりやや薄い緑色。
キールンカンコノキ2018.1.15

少し離れてカキバカンコノキがありました。葉がキールンカンコノキの葉より大きい事、所々に赤く色づいた葉があり、カキノキの仲間に似るのでそうかなと思います。
カキバカンコノキ20180115

蒴果は径1cm程度。
カキバカンコノキ20180115

葉を比較してみるとまず大きさにだいぶ違いが見えました。
他に葉の表はキールンカンコノキの方が濃く、葉脈もはっきりしていました。
カキバカンコノキ20180119
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
キールンカンコノキまたまた初見です。
キールンはなんとなく南国のフレーズを感じるワードですね。
明日からスキーに出かけて市民大会に参加して来ます。

シルベスターUさんへ

こんばんは。早速コメントを有難うございます。
キールンは台湾の地名から来ていますが、こちらには台湾にちなむ名がつくものが結構ありますよ。熱帯植物の北限だったりしますが、この頃沖縄は亜熱帯というより熱帯に近い暑さになって来ました。
明日からの大会、頑張って下さいね! \\^^//

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索