私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

イリオモテヒメラン

ラン科 オキナワヒメラン属(以前はヤチラン属)
久しぶりに花を見る事が出来ました。
この仲間のホザキヒメランと共に沖縄島内の自生は知られていますが、数は少なくなかなか会えるものではなく、私は12年ぶりでした。花は咲き出したばかりですが、花序の下側の花がすでに色が変わってきています。
イリオモテヒメラン20170815

花序が全部立ち上がると10cm程度にはなりそうです。
イリオモテヒメラン20170815

がく片は卵状長楕円形、花は淡黄色、花弁はがく片よりやや短く、唇弁が上にあって先端がわずかに切れ込んでいて、側弁は2~3の切れ込みがある。つまり花がさかさまの状態でついている。西表では赤紫の色の花もあり、別名ムラサキチュウガエリと呼ばれるのはこの辺から来ているのではないかなと思いました。
イリオモテヒメラン20170815

これは7月23日の蕾の状態で、ここから3週間かかっています。
イリオモテヒメラン20170723

葉の長さは6~9cm、5~7枚ついて、茎や葉裏が紫褐色を帯びるのもあります。
イリオモテヒメラン20170812

他に花茎が曲がってしまった物もあり、こちらの方が花は沢山咲いてて綺麗でした。
イリオモテヒメラン20170812

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索