私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

季節の花2017.7月(1)

シロシャクジョウ ヒナノシャクジョウ科
従菌属多年草。やんばるの山中で目を地面に近づけてみんなでシュスランの株を探していた時、目の前にたくさんの株が出ているのに気が付きました。6月には新芽が多かったですが、もう花が見られる季節になりました。正面の物は高さが6cm程度、茎には鱗片が互生で付き、花序には花が4個ついていました。 2017/07/16
シロシャクジョウ20170716

開花中の花。全体は白色、先が黄色いのは3個の花被片。
シロシャクジョウ20170716

花弁はなく、はり出た3 枚の翼が見えます。
シロシャクジョウ20170716

花の中を覗いてみました。分解していないので良く分かりませんが葯隔といわれるものでしょうか。
雌しべもいつか見てみたいです。
シロシャクジョウ20170716

6月に渓流近くの苔の中でみた若い株。
シロシャクジョウ20170610

シラヒゲムヨウラン ラン科
これもこの時期よく見られる従菌属栄養植物。株は結構あるのですがちょうど咲いているのに会えるのは少なめです。この日は雨や山の霧が多く、殆ど濡れた状態の山歩きでした。2017/07/03
シラヒゲムヨウラン20170703

花の正面から。
シラヒゲムヨウラン20170703

別な株は花が曲がってついていました。全身を写すのは難しい。
シラヒゲムヨウラン20170703

花のアップは近寄って風をどうにか防いで、これがどうにか撮れた一枚。横向きです。
シラヒゲムヨウラン20170703


冬虫夏草
これはセミの幼虫に寄生するキノコの一種。2017/06/06
トウチュウカソウ20170606

トウチュウカソウ20170606

Kさんに掘り起こしてもらった。
トウチュウカソウ20170606

2017/07/23 昨日もみました。やっぱりセミでした。あまり気持ちいい物ではないので、無言で。。
トウチュウカソウ20170723

トウチュウカソウ20170723

トウチュウカソウ20170723
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索