FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

秋田駒の花達(1)

まだ屋久島のシダ類は残っていますが、ちょっと休憩して高山の花をやってみたいと思います。
目的は黄色いすみれさんでしたが、他の植物でも黄色い花達がいくつもありました。

ミヤマダイコンソウ バラ科 ダイコンソウ属
背景には山の景があるはずですが、高山のお天気はめまぐるしく変化します。雨には降られませんでしたが、時々視界が聞かなくなる事もしばしば。花は見られたので文句なしです。
ミヤマダイコンソウ20170625

目の前のお花畑はこの画像の倍以上あったと思います。花が小さくなるのでトリミングで。
ミヤマダイコンソウ20170625

シワシワのフキの葉みたいなのが特徴。
ミヤマダイコンソウ20170625

花のアップを。
ミヤマダイコンソウ20170625

ミヤマキンバイ バラ科 キジムシロ属
似たようなバラ科の黄色い花で、時々一緒に咲いてたりして混同しそうでしたが、葉の形で見分けられると教えてもらいました。
ミヤマキンバイ20170625

こちらは3出葉で葉の縁には鋸歯が見えます。
ミヤマキンバイ20170625

花はミヤマダイコンソウよりほんの少しだけ小さくて。。
ミヤマキンバイ20170625

花弁の先が凹んでいました。
ミヤマキンバイ20170625

ノウゴウイチゴ  バラ科 オランダイチゴ属
登山道の足元に可愛い苺の花が。撮りながら少しずつ休憩。
ノウゴウイチゴ20170625

草丈は5~10cm。葉は3出。
ノウゴウイチゴ20170625

花弁は7~8枚。葉の縁に荒い鋸歯があり、葉の裏面の脈上に毛がある。
ノウゴウイチゴ20170625

翌日も道沿いで良く咲いていました。近くにはオオバキスミレの群生もあり、長い寄り道になってしまった。
ノウゴウイチゴ20170626

ベニバナイチゴ  バラ科 キイチゴ属
落葉低木。こちらは高さ1m位。
ベニバナイチゴ20170525

こちらは1.5m位。花はタカネバラよりやや落ち着いた印象の紅色。
ベニバナイチゴ20170525

葉は3出、残念ながら閉じ気味の花が多かったです。
ベニバナイチゴ20170525

翌日の湿地でも咲いてました。
ベニバナイチゴ2017026

目的のタカネスミレはこちら
タカネスミレ20170625
こちらでご紹介しています。どうぞお出で下さい♪⇒⇒すみれのblog
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索