私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

タカサゴシダ

オシダ科 イタチベニシダ属
屋久島のあまり標高のない樹林下でこのシダが生えていました。綺麗にまとまったシダですが丸い大きなソーラスをみるとベニシダの仲間だろうなという所までは見当がつくけど、名前まではたどり着けそうにないシダだなと思っていました。
タカサゴシダ20170516

それで友人から”タカサゴシダかも”とアドバイスをもらって、解明出来るかなと取り組んでみる事にしました。葉全体がわかる様にトリミング。葉は第一小羽片が長いから全体では五角形に見えます。羽片は最下の物が一番大きく、下向きの第一小羽片はハの字形に開き一番大きい。側羽片の先端は急に狭くなり、その先は尾状に伸びる。(上の画像の左がの物が分かりやすい)
タカサゴシダ20170516

葉柄基部の鱗片は黒~黒褐色で披針形が多く中には広披針形も見える。
タカサゴシダ20170516

葉柄上部は線形で基部程密ではありません。良く見ると小羽片にも小さな柄が見られて、全体のかたちは3回羽状深裂~全裂といっていいのかな。
タカサゴシダ20170516

胞子嚢群ですが、葉の上から、又は側羽片の頂部から先に出来ています。
タカサゴシダ20170516

葉の裏面の中間あたり、 中軸には基部が袋状になった黒褐色の小さい鱗片が見えました。
タカサゴシダ20170516

羽軸の先や小羽片の中肋は次第に袋のみの鱗片になり、小羽片の先端は先が芒状になった鋸歯がある。
タカサゴシダ20170516
これでタカサゴシダの形態にあっているのではと思います。


ホコザキベニシダ  オシダ科 オシダ属
林道を暗くなるまで歩いていて、最後に撮ったもの。色がとても綺麗で撮りましたが、葉裏など詳細は見ていません。
ホコザキベニシダ20170519

この時の時間が19時02分でした。お天気が良かったので1日がかなり長く使えました。
ホコザキベニシダ20170519
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索