私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

鹿児島のシダ

屋久島に行く前日、鹿児島の空港から指宿の港に行く途中で寄り道して見たシダ。
沖縄と同じものが多いですが、載せておきます。

城山で本家本元のシロヤマシダ。 イワデンダ科 ノコゴリシダ属
シロヤマシダ20170516


画像は無いですが、ソーラスは中肋と辺縁の中間にあり、線形です。(現場で確認)
シロヤマシダ20170516

イシカグマ  コバノイシカグマ科 フモトシダ属
よく似たのにウスバイシカグマがあるので、気を付けながら。。これはイシカグマで良さそうです。
イシカグマ20170516

ソーラスはポケット状で辺縁につく。
イシカグマ20170516

葉脈はかなり辺縁の近くまで伸びる。各軸や脈上に毛が見られる。
イシカグマ20170516

ゲジゲジシダ ヒメシダ科 ミヤマワラビ属
名前にインパクトのあるシダ。ここでは岩の隙間に生えていました。
ゲジゲジシダ20170516

葉の幅の太いのから、細いのまで変化が多いね。
ゲジゲジシダ20170516

ソーラスには包膜がなく、円形で裂片の中肋と辺縁の中間につく。
ゲジゲジシダ20170516

タチシノブ イノモトソウ科 タチシノブ属
以前から見たいと思っていたシダでしたが、今年は関東で、そして鹿児島、屋久島でもみました。沖縄以外ではそんなに珍しくはない様です。
タチシノブ20170516

小さな株は葉の姿が分かりやすい。これは栄養葉かな、綺麗なシダです。料理の飾りに使われるとか。
タチシノブ20170516

胞子葉 ソーラスは裂片の縁の白っぽくみえる包膜の中に。
タチシノブ20170516

イヌドクサ トクサ科 トクサ属
まだ若い姿。 刈られていない所には大きいのもありました。
イヌドクサ20170516

胞子嚢穂
イヌドクサ20170516

葉鞘
イヌドクサ20170516

イブスキイノモトソウ イノモトソウ科 イノモトソウ属
目の前に急に現れたイノモトソウ属。これは?おかしいよね!とわいわい。
イブスキイノモトソウ20170516

イノモトソウの軸にある翼は見えないと思ったら。。
イブスキイノモトソウ20170516

上部の羽片の基部が軸に流れて翼になり、次第に小さくなって来ています。(画像は上下が逆)
リュウキュウイノモトソウは軸に翼がなく、イノモトソウは下の羽片までしっかり翼があるのでこれは両者の中間で雑種と考えられているものだと思います。やっとみる事が出来ました。しかもここは指宿?ではなく行く途中で近くでした^^;
イブスキイノモトソウ20170516

葉脈を見るつもりがはっきりしない画像で。騒いでばかりで栄養葉とか撮っていません、(反省)
イブスキイノモトソウ20170516

ここにはイノモトソウの様だけど、イブスキイノモトソウや、下の方にイノモトソウもありました。
イブスキイノモトソウ20170516

リュウキュウイノモトソウも近くにありました。これはスッキリ。
リュウキュウイノモトソウ20170517

あとはマツバランやマメヅタ、そしてヒロハノコギリシダ等々。。お馴染みのものが多かったです。
スポンサーサイト

コメント

鹿児島の(^^)

シダ博士、こんにちわ!^ - ^
鹿児島の指宿とか、城山とか、懐かしや!
我が故郷でもあります!
いまは、何もないけど。

話変わって、お久でございます。
やっとこさ、入れたの!
ドルフィンプラウザでね。
アイホンでは、文字化けするもんだから、なかなか、頭が入らなかったの( ◠‿◠ )
また、来るにゃ。

maruさんへ

こんばんは~ ようこそ!。
やっとこ来ていただいて有難うございます。もしかして文字化けしていましたか。知り合いもそんなことを言っていたので、何かサーバーと合わなかったりなのか、気になっていました。

そして。。え~! 鹿児島はmaruさんの故郷でしたか。
私も親戚や友人がいたりして親しみを感じる所です。
空港から2か所の城山公園へ行って来ましたよ。
この後は、maruさんの所よりまだ北の花です。またお出で下さいね^^//

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索