FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

シオクグ

カヤツリグサ科 スゲ属

屋久島の海岸に行った時、砂浜の中にコウボウシバがみえました。やや離れて水のたまり場があり、その奥の方にシオクグが生えていました。当初はこれもコウボウシバと思っていたのですが、葉が細くまっすぐ立っている事や、花序の付き方も違っている様にみえ、もしかしたらシオクグではないかと思えて、再度出かけてみました。
シオクグ20170616
シオクグは横走する長い根茎があり、掘り起こしてみてはいませんが、この生え方で判ると思います。


疎らに生えていた所では、雄性花序は長い柄の先にあり、雌性花序が1個。有花茎は細いけどまっすぐ立っています。
シオクグ2017.6.20

葉の幅は2mm程度で細かった。
シオクグ20170616

これは雄小穂が4個。
シオクグ20170616

雌花の鱗片は果胞より短く、さび色で先が尖る。果胞は楕円形。
シオクグ20170616

この雌小穂の長さは2cm。
シオクグ20170616

果胞は長楕円形で無毛、木質。痩果は緩く果胞に包まれ楕円形。柱頭は3岐する。
コウボウシバの痩果は3mm以下。
シオクグ2017.6.20

離れて生えていたコウボウシバ。葉の幅は3mmと広く、斜上して先が下向きになっている。
コウボウシバ20170617
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索