私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

屋久島へ(7)バラ科

ヤブイバラ (バラ科)
鹿児島できれいな花を咲かせている野いちごの花がありました。葉の特徴や刺などをみなければ、と思いますが、さっぱりで。。友人に名前を教えてもらいました。
ヤブイバラ20170516

枝には鈎形の刺があるのが特徴の様ですが、写してなかった。
ヤブイバラ20170516

花は小さめの径1.5cm。
ヤブイバラ20170516

葉は5~7小葉、頂小葉は側小葉より大きく、先は次第に尖り、縁には鋭い鋸歯がある。屋久島には本種の小型でヤクシマイバラがあるそうですが、これも下調べしてなくて分かりませんでした。
ヤブイバラ20170516

クサイチゴ(バラ科)
ヤブイバラの近くで赤い果実を見かけたので。 本州から九州まで広く分布し、林縁や草地に生える。
クサイチゴ20170516

卵形の葉で奇数羽状複葉。大きさはあまり変わらなく、皺の様な葉脈が見えます。
クサイチゴ20170516
空港から目的地に行ったはずが同じ名前の別な所に行ってしまい、そこでもしっかり写してきた野いちご2種でした。

リュウキュウイチゴ (バラ科)
屋久島初日、これも目的を通り過ぎ、とにかく一旦落ち着こうと、車を止めて外に出てみたら沖縄で良く見るいちごがありました。
リュウキュウイチゴ20170517

葉は卵形~楕円形、黄色い苺はとても美味しい!
リュウキュウイチゴ20170517

リュウキュウバライチゴ 別名オオバライチゴ (バラ科)
これも一緒にあって、屋久島で見るからはじめは別な名前のイチゴかな~と変な勘違い。(´。`;)とほほ・・・
リュウキュウバライチゴ20170517

(今回新しい平凡社の図鑑をみていたら、「オキナワバライチゴ」というのが出て来ました。はて、これは。。すみません、ちょっと自信がありません。今後の課題です。)
リュウキュウバライチゴ20170517

ヤクシマイチゴ(バラ科)
キソキイチゴの中で屋久島のものは全体無毛で葉が薄く幅広いのが特徴。
ヤクシマイチゴ20170519

卵形~三角状卵形で3~5浅裂し、葉の裏面は葉脈が赤い。
ヤクシマイチゴ20170519

コウゾ (クワ科)バラ科から外れますが、初日鹿児島で見た面白い果実の木。
コウゾ20170516

ヒメコウゾとカジノキの雑種だそうで、カジノキに近いものは和紙の原料になる。片親がカジノキと聞いてこの形に納得。
コウゾ20170516

キダチニンドウ(スイカズラ科)
ハマニンドウに似ていますが、葉や、包などをみて区別しないといけない様ですが、離れていました。花はまだです。
キダチニンドウ20170516

遠くでちらっと花が見えました。
キダチニンドウ20170516

草本やシダなどまだ長くかかりそうですが、ゆっくりやります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索