私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

季節の花 2017.5.23

今は梅雨のシーズンですが、毎年この時期でも晴れ間もあり、山の仲間で誘い合って出かけて来ました。

久しぶりのタカツルラン。運よくちょうど満開でした。
タカツルラン20170523

強い雨に打たれると花序は頭を垂れて下向きになり、花も落ちてしまう事も多いですが、ここでは無事に綺麗な開花の姿が見られました。強い日差しに当たると金色に輝いて見えます。
タカツルラン20170523

これも菌従属栄養植物。地上径の高さは今回は2m程度、葉は退化し鱗片状の苞葉があり、茎上部から円錐状の花序をつけ、多数の花を咲かせる。
タカツルラン20170523

花被片は黄色。唇弁は舟形で縁が細かく波打ち、内面中央は有毛で肥厚した盛上がりが見られます。
タカツルラン20170523

タダウチヤガラは調査の目的で翌日自生地に行ってみたものです。
ここでは咲き始めでした。以前は数株見られた場所も今年はこの一株のみでした。
エダウチヤガラ20170524

3個目の花が咲いています。
エダウチヤガラ20170524

サクラランが咲き出してました。この時はかんかん照りで、青空に生えますね。
サクララン2017.5.23

小さめの花で可愛らしい(^^♪
サクララン2017.5.23

ユウレイランも毎年同じ頃に見られるので、ついでに回ってみました。
ユウレイラン20170524

場所によってはまだ早い所と、翌日ドライブがてら寄った場所ではちょうど全開でした。
ユウレイラン20170524

花のアップを。花は大きいので径1cm、花冠は白色で長さ5~10mm、唇弁は広いくさび状三角形で2裂し、先端は不揃いの鋸歯縁、基部に長さ1/2mm位の爪があり、爪の先端に1個の幅広い薄い板状の付属物があり、その付属物の中央部に3裂した鶏冠状の突起がある。(う~ん、図鑑の記述を写し書きしてますが、複雑で難しい。。)でも綺麗です。
ユウレイラン20170524

イモネヤガラはまだ芽が出たばかり、これで20cm程度、この後どの位で花が咲くかな。
イモネヤガラ20170523

あと、林道を移動しながら見たもの。
ヌルデは北から奄美までは普通み見られるそうですが、沖縄では稀との事。
ヌルデ20170523

ウルシ科ですね。葉は奇数羽状複葉。葉軸に翼がありこの特徴でで覚えられそうです。
ヌルデ20170523

詳細も記録して置きます。
ヌルデ20170523

ケテイカカズラ 良く見るテイカカズラの変種でこちらは意外と少ない。
ケテイカカズラ20170523

葉裏や葉柄に毛が多く、触るとふわふわして違いが分かります。
ケテイカカズラ20170523

新葉には特に毛が多い。
ケテイカカズラ20170523

これも特徴を記録しておきます。
ケテイカカズラ20170523

この他に見たのはシマミサオノキ、ハマニンドウ、キノコ色々(これは花友さんに任せます^^;) お昼寝中のヒメハブは写真を撮りましたがアップはこれも花友さんに。。

そしてまだ満開のシナアブラギリを見ましたが、先週の屋久島でアブラギリの花も見る事が出来、後で比較しながらやってみます。
長々と二日分まとめました。
スポンサーサイト

コメント

ランは奥深い・・・

タカツルラン、かなり魅了されてしまいました。^^

NYANさんへ

NYANさん、こんばんは。
ニョキニョキと茎を伸ばして這い上がる姿が、何ともパワフルです。丁度強い日差しを浴びて輝いてました。まるでパワースポットみたいで今年は特に良かったです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索