私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

春の野草・旅先で(2) 2017.3~4月

ハナネコノメ (ユキノシタ科)
渓流の岩の上などに見られます。ここは近づくと岩が真っ白に見え、過去にも見た事はありますが、これほどの群落は初めてでした。
ハナネコノメ20170401

花はもう終わりに近く、白い萼片が残り、より白く見えていました。
ハナネコノメ20170401

草丈は5~10cm程度で花が終わるころ徒出枝が伸びる。
(メモ)母種はシロバナネコノメソウで、徒出枝に白色の軟毛を密生する(日本の野生植物)
ハナネコノメ20170401

白い花弁の様に見えるのはがく片で花弁はなく、雄しべは8個、その先の葯は裂開直前に暗紫色、その後黒紫色と変化する様です。
ハナネコノメ20170401

ヨゴレネコノメ(ユキノシタ科)
高尾山では湿り気の多い道沿いで多く見かけます。なんでこんな名前をつけたのでしょう。。シックでいい色なのに。この仲間では名前をすぐ覚えられるのは名前のせい^^?同じ褐色の葉をもつタカオスミレを連想します。シャガの葉に囲まれて。
ヨゴレネコノメ20170330

花茎は5~15cm。(メモ)ヨゴレネコノメの母種はイワボタン(ミヤマネコノメソウ)で、がく片が花時に斜上~直立、雄しべは8個。
ヨゴレネコノメ20170330

花はちょうど咲き始めの様です。ヨゴレネコノメのがく片はほぼ直立、雄しべは4個、葯は裂開直前は暗紅色、花糸、花盤、花柱や子房も紅紫色を帯びるのが特徴。上部の葉の表面に灰白色の斑文が残る。
ヨゴレネコノメ20170330

ヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
これもよく見かけるネコノメソウ属。画像を拡大したら茎は有毛、葉にも疎らに毛がありました。徒出枝はないので全体に立ち上がっています。
ヤマネコノメソウ20170401

花は径4~5mmでがく片は緑色、開花時には開いているが花後は直立する。雄しべは通常4~8個、葯の色は黄色。(メモ)ヤマネコノメソウの品種でヨツシベヤマネコノメソウがあり、4個の雄しべを持つが基本種との区別が難しい。
ヤマネコノメソウ20170401

2013年にみたヤマネコノメソウの果実。がく片は直立していますね。
ヤマネコノメソウ2013.4.13-2

コチャルメルソウ(ユキノシタ科)
何度見てもみても見飽きない花。今年も群生を見る事が出来ました。
コチャルメルソウ20170401

根茎は長く横に這う様で、こんな風に密に花茎を出す風景が見られるのだと思います。葉は卵円形で浅く5裂し、基部は深い心形。
コチャルメルソウ20170401

花茎は20~30cm、花柄と共に短い線毛を密生し、花には芳香があるらしいけど嗅いでいませんでした。
コチャルメルソウ20170401

糸状に裂けて反転しているものが花弁でヘ紅紫色または淡黄緑色。雄しべは中央の花盤に白っぽく見える。花後の果実がチャルメラの形になるんですが、5月後半ごろで、みていません。
コチャルメルソウ20170401

まだ続きます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索