私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ハイホラゴケ属3

セイタカホラゴケ(ハイホラゴケ×オオハイホラゴケ)

当初、ハイホラゴケかなと思っていたのですが、オオハイホラゴケが関係しているが根茎や葉身が小さめという事でセイタカホラゴケと教えて頂きました。根茎は良く分岐して岩上を這い、1~2cmの間隔で葉を出しています。他の物は岩壁から垂れ下がっていましたが、これは垂直~斜めに葉を立ち上げて綺麗でした。
セイタカホラゴケ20160904


葉柄の基部まで波打った翼がみられます。
セイタカホラゴケ20160904

根茎はハイホラゴケよりは太く径1mmありました。
セイタカホラゴケ20160904

葉柄の長さは4.5~8cm、翼は波打って基部近くまであり、幅0.8~1mmでハイホラゴケより大きい。
葉身は3回羽状深裂、卵状披針形で長さ13~15cm、幅4~4.5cm。
セイタカホラゴケ20160904

最下羽片は下向きの第一小羽片が大きく葉が重なっているように見える所はオオハイホラゴケに似ています。葉軸の翼は0.3~0.5cm。
セイタカホラゴケ20160904

側羽片は広卵形、長さ2~3cm、幅0.3~0.7cm、短い柄もあります。
セイタカホラゴケ20160904

葉柄の基部。根茎は径1mmと太く、濃褐色の毛に覆われています。
セイタカホラゴケ20160904

ソーラスはコップ状、唇部は全縁でわずかに反転する。
セイタカホラゴケ20160904

一部傷んでいますが、胞子嚢床がまだ出ていないもの。
セイタカホラゴケ20160904

根茎の径は1mm。
セイタカホラゴケ20160904

国内の分布は本州(千葉県以西)、四国、九州、琉球列島、小笠原諸島
倍数性・生殖生殖様式は3倍体不稔性。胞子は異常。(まだ胞子の様子は見ていません)

図鑑によると同じ両親をもつイズハイホラゴケは4倍体有性生殖、(複2倍体粘性)胞子は正常。
葉の形態では区別が難しく倍数性や胞子粘性が指標となるとありました。セイタカホラゴケの各所を測った数値などを見るとほとんど同じ範囲内でした。まだ数多くみたわけではありませんが見分けは難しそうです。イズハイホラゴケの分布は琉球列島の中でも奄美大島とあるので沖縄本島は入っていないのかも知れない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索