私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ハイホラゴケ属1

少し前に入った山はシダが豊富な所で、中でも渓流でみかけるホラゴケの仲間が多く見られました。今まで見分けたいと思いつつそのままになっていたので、今回は現場でも時間をかけて観察してみました。

ハイホラゴケからやってみます。
山地の渓流沿いの岩壁を這う常緑のシダ。根茎は長く匍ふくし不規則に分岐する。葉は2~2.5cm間隔でついていました。
ハイホラゴケ20160904

ソーラス(胞子嚢群)を付けた成熟した葉です。葉柄の長さは2.8~3.8cm、基部近くまで波打つ翼があります。
葉身は2回羽状深裂~3回羽状深裂、狭卵形~狭披針形、葉面の長さ8.5~9.5cm、幅3.0~3.5cm。側羽片は10~11対。
ハイホラゴケ20160904

葉軸や各羽軸に波打つ翼があり、幅は0.3~0.5mm。
ハイホラゴケ20160904

葉柄の基部です。下から2mmの所まで翼がありました。翼の幅は0.5mm。根茎は径0.4~0.5mm、濃褐色の毛が密にあります。(画像では計測の為やや毛を除いています)
ハイホラゴケ20160904

葉脈は遊離して、小脈は単状。ソーラスは裂片の先端の脈端につく。
ハイホラゴケ20160904

側羽片は広卵形、長さ1~1.8cm、幅0.7~1.4cm。
ハイホラゴケ20160904

ソーラスは狭倒三角形、長さ1.3~1.5mm。包膜はコップ状、狭い翼があり、長い胞子嚢床がある。
ハイホラゴケ20160904

唇部は切型~やや2弁状。
ハイホラゴケ20160904

分布は伊豆諸島、伊豆半島以西、四国、九州、沖縄島以北、小笠原諸島。沖縄本島のこのサイズのものはハイホラゴケの3倍体という事を教えて頂きました。
(「日本産シダ植物標準図鑑」を参考にしました。)
スポンサーサイト

コメント

ハイホラゴケ

こまさん、頑張りましたね。
お疲れ様でした。ハイホラゴケとオオハイホラゴケは私もそれらしきものを見つけているのですが、難しすぎてそのままにしています。タイトルをハイホラゴケ属としたのは、こまさんももう一歩踏み込めないところがあるのかな?と思いつつ。
秋になって藪に突入できるようになったら、私も続きを考えて見ますね。あるがとう。

pandaちゃんへ

 pandaちゃん、こんにちは、
 今日セイタカホラゴケを載せてみたので、残りは3個?4個?あって分からないのも混ざってて、今ハイホラゴケ属を頑張り中なんですが手ごわいです。現場では色々ありすぎてあれこれとみているうちに4時間もそこにいました。少しずつ前進したいです。九州の情報も教えて下さいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

ブログ内検索