FC2ブログ

私の雑記帳

好きな花や植物の事、他何でも。。 この頃は花の名前と観察をした時を覚える為に記す事が多くなりました。

ムロトムヨウラン

7月の初めにこの姿を見かけてもしかしたらクロムヨウラン??と期待をかけていたのですが。。
ムロトムヨウラン20160705

その10日後に行って見たらすでに3個の開花が終わっていて、綺麗なのが見られたのは5個目の花でした。どうやらムロトムヨウランではないかと思います。
ムロトムヨウラン20160715

午後から別な山に移動したのですが、ここではかなりの数の花が見られました。
ムロトムヨウラン20160715

ムロトムヨウラン20160715

クロムヨウランが見たいのですが、見分けられるかどうか、
ムロトムヨウラン20160715

この撮影時間は午後3時半なので花もそろそろ閉じかけです。
ムロトムヨウラン20160715

終わった花を観察してみました。中央が背萼片、両サイドの4枚が側萼片、花弁の長さは12mm程度。
ムロトムヨウラン20160715

紫色の唇弁の長さは13mmで先端の内側には紫色の突起毛があり、奥の内側には透明な腺毛がありました。右側の白いずい柱は唇弁より1mm程度短い。
ムロトムヨウラン20160715

追加:1~2番目のムロトムヨウランの花後の姿をここに追加しておきます。開花から約1ケ月後です。
ムロトムヨウラン20160814
スポンサーサイト



コメント

京都のものも?

 京都では一度だけ私が「クロムヨウラン」を採集したのですが、標本にしてしまったので現地にはもうありません(今なら現地に残すでしょうが)。すでに果実期だったので、、ムロトなんて確かめようがないかもしれません。もう一度出現してくれるかどうか?

みっちゃん先生へ

 京都府のレッドデータブック2015を見てみました。先生の執筆で絶滅寸前種と登録されていますね。「クロムヨウラン」はムロトに比べると開花の条件も厳しくて出会うのはなかなか大変そうで、自生があったという記録も貴重なデータだと思います。琉球植物誌を見ているんですが、著者の初島先生によると九州以南の物を見た事がないと書かれていて、別な方が採取されてクロムヨウランと鑑定しているのはムラサキムヨウランではないかと考える、とも記されていました。さて、ムラサキムヨウランとは?と又分からない名前が出て来ました。謎解きの様で、混乱しそうですが楽しみでもあります。沖縄も京都もいつかクロムヨウランが見られます様に!九州、屋久島には記録がある様なので、pandaちゃんの所が可能性は一番ありそうなんですが。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

こまつな

Author:こまつな
ホーム
沖縄の植物

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索